ペパボ Make部のメンバーで六本木のTechShop Tokyoへ行ってきました

先月社内で仲間を募ってMake部を作りました。

その活動の中で「何作ったらいいのかが分からない」「どんな道具があるかが分からない」「どこに行ったら何ができるのかが分からない」「手元に材料がない。どこで何から買ったらいいのかが分からない」という声をいただいたので、それならみんなでファブラボや秋葉原のパーツを買えるお店に行ったら色々解決するのかなと思ったので、「TechShop Tokyo観察会」イベントを立ててTechShopと秋葉原のパーツ屋に行ってきました。

4月に参加したニコ技深圳観察会の「参加したら感想をブログを書いてね」というシステムが、自分の考えをまとめるのに役だったり、参加した人たちがどう考えてたかが知れて面白かったり、あとは自分のやってることに興味を持ってくれる人を見つけるのに役だったりで、二粒も三粒も美味しかったので、今回の参加条件もそれにしてみました。

TechShopは六本木一丁目から徒歩1分のアーク森ビル3階にある。

TechShop Tokyoは富士通が米TechShopと提携してTechShopJapanを設立後に、六本木アーク森ビルにオープンした会員制DIY工房です。米TechShopは2006年に米国で創業して、現在までに北米で10拠点構えてて、それ以外にもフランスなどでも事業を展開しています。

米TechShopは既にモバイル決済サービスのSquareやORK KAYAKなどの成功したプロダクトを生み出した事例があります。

2016年4月1日にグランドオープン
目の前にはテレビ朝日。窓が広く開放感がある。機密感の高いDMM.makeとは違った雰囲気
赤いマシンは旭川機械工業のCNCターニングマシン 3DT-SD50
金属加工機が並んでる部屋。ワイヤーカット放電加工機に一同興味津々
窓側にはUVプリンターや、転写プレス機などが並んでる。
飲食スペース
個人的に一番興味を惹かれたのがFormechの真空成形機
ハードウェアの外装モックアップを作るのに使ってみたい
右は立体物を削りだして造形する3D切削加工機 SRM-20
マルチメーターやオシロスコープなどのお馴染みの電気工作用機器の数は少なめ
見学会はだいたい40分前後
刺繍ミシン ブラザー のPR1000e。ミシンにカメラが付いていて、カメラで撮影した画像を右のディスプレーに表示して、それを見ながら刺繍の位置を決められる。
武藤工業のデジタル捺染機。捺染機とは糸または織物に捺染をする機械のこと。着物風に捺染した生地を見せてもらったが、精度が高すぎて元から着物だったようにしか見えなかった。

TechShopは毎日 11時、15時、21時に見学会を開催中なので、これを読んで興味が出た方は参加してみてください。

あとペパボmake部は絶賛メンバー募集中です。テクノ手芸やデジタルアート系にも手を出してみたいので、女性やデザイナーさんにも興味を持っていただいて参加してもらいたいです。ちょっとでも気になった方は気軽に声をかけてください、お待ちしております。