進む出版プロジェクト

徳島に出版社をつくろう!ということで、集まった8人。徳島パブリッシングプロジェクトですが、スタートから1ヶ月。早くも3回の講座を終え、折り返し地点に辿り着きました。今日はその進捗報告です。


三名が脱落

結論から言うと、8名いた受講者のうち、3名がリタイヤしました。進路の関係だったり、本業のスケジューリングの問題だったりが理由ですが、出版ということを考えると、一番の困難は「時間」だったりするのかもしれません。「本を作る」という作業に費やす時間をいかにして捻出するか。

とかなんとか言ってますけど、講師も講師で出版計画が予定通り進んでなかったりします。講師をされている虹霓社のコヤさん。なんと先日、第2子がお生まれになったとのことで、今は育児に家事に振り回される日々とのこと。とはいえ、それでも合間を見つけ、資料を集めたり、関係者に連絡を取ったり。少しずつ前に進んでいるそうです。

今ではツールが出揃っていますし、安価ですし、何ならお金を払えば、技術的なことは人にすべてやってもらえるわけです。なので、「本を出そう」と思えば、本当に誰でも出せる。

ただ、アイデアや、そこそこ「やりたい!」という気持ちはあっても、それを最後までやり切るには、どうしても、かなりの熱量が必要になります。その熱量をいかにキープしていくか。そこまで熱量持てることを見つけられるかが大事なのでしょう。


出版のテーマも形態も様々

出版社をつくろう!ということですが、そもそもこのご時世「出版とは何か」からして、思っているほど明確ではありません。ほとんどブログなウェブマガジンを作りたいという人もいれば、「どうしても紙でなければ」という人もいる。「500部刷りたい」という人もいれば「内容からして10部も配れれば」という人もいる。本当にバラバラですね。

そんなわけで、実は第1回講座のテーマは「出版とは何か」でした。第2回はそうした現状を元に、とりあえず、今、自分がやりたいことを書いてみて「出版社を名乗ってみる」。先日行われた第3回では、アイデア、企画の出し方煮詰め方から、組版の重要性までお伝えしました。

ぼくらがお伝えできるのは「セオリー」(教科書)だったり、経験だったり。そこから先は好きにやったらいいし、好きにやるしかないよなと。各出版社の進捗は、こちらのサイトのナビゲーションから見ることができます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.