Twitterはrare、mediumがあって、well doneはブログでいい

Mediumを使い始めてわかったことがあります。

それはTwitterはもっとラクに使っていいってこと。

これはペリスコープを毎朝続けてることも下地になってますが、24時間で消えるコンテンツってほんとラクに作れるんです。

やっててほんと楽しい。生みの苦しみとかないですよ。


それでこのMediumに出会って気づいたんです。

Mediumってステーキ用語でもあるでしょ?

だいたい中間の焼き具合。

これを思考にたとえるといい感じだなぁって。


Twitterやペリスコープはrareな思考。

まだ生焼けだけどフレッシュなものを投稿していく。

リアルな会話のように瞬発力でポンポンと。

そしてちょっと焼けてきたかなという思考をMediumに投稿する。

そこで他者とコミュニケーションをとったり学びあったりして、しっかり焼けたwell doneな思考をブログへ投稿する。


だいたいそんな区別でいいかなと思ってます。

あまり厳密に決めても仕方がないし、面白くない。

面白さが失われたら本末転倒ですからね。

ホントのこと言うとMediumをステーキ用語と結びつけるネタをやりたかっただけですけど。