あなたはオンライン学習にYesですか?Noですか?

~LINEアンケートで聞いてみました~

*目的*

1.オンライン学習への抵抗度合を知りたい

2.LINE@のアンケート機能を使ってみたい

3.ライオンハート(LINE@)の[友だち]の中の見込み客数を知りたい

4.オンライン講座を進める上での改善点を見つけたい

*実施地域*

静岡県沼津市・三島市・近隣町

*対象人数*

33名

*実施期間*

  • 2016/10/21~10/31

*補足*

  • LINE@開設:2016.9.19
  • [友だち]:ライオンハートが主宰する講座の受講者

【1日目が終了した時点での考察】

この傾向は、ある意味想像通りでした。

スカイプやスマホ、SNSのビデオ通話は、普及しているとは言え、やはり「やらなきゃ!」という時は、緊張もするし、「嫌だなぁ・・・。電話でイイじゃない?!」という気持ちが先に出て来ます。

初めてのことは誰しも苦手

慣れ親しんだコトとは違う「壁」があります。

  • テレビ電話で様子を見ながら、傍に居るように話せる
  • オンラインで距離と時間を短縮して学べる
  • 顔を見ながら話し、文字や声だけより情報伝達量が多い

などなど、メリットが挙げられていますが、やはり「抵抗感」があるという結果でした。


抵抗が有る方へ聞いてみました。

これは意外な結果でした。

No!の理由

  • 顔を見せること
  • 部屋の中などの私生活を覗かれること

が、トップに来ると思っていましたが、そうでは無かった。

やり方が分からないから不安
やったことが無いから不安

が、数としてはトップでした。

この「やっても良い場合」で頂いた回答は、3つとも実現可能なので、早速実行に移していきたいと思います。


LINE@のアンケート機能

これは、なかなか使える!と思いました。お店などの「見込み客&それ以上のお客様」が[友だち]登録してくれることを考えると、

#そのお客様が

  • どんな風に思っているか?
  • どんな希望を持っているか?
  • 不満な点は何か?

をリサーチできるのですから。

よくテーブルにアンケート用紙とボールペンが置いてありますが、それに回答してくれるお客様はそんなに多くないように思います。

アンケートの回答者へのプレゼントなどを用意することで、リピートにもつながりますし、「お店のファンはどれ位いるのだろうか?」という予測値を掴むことも出来ます。是非、活用を!(^O^)


これは、1日目の結果を見たに過ぎないので、今後も見直して行きますが、その日に回答してくれた[友だち]こそ、「大切なお客様」と言えると思います。LINE@では、個人用のLINEと違って、[友だち登録]してくれた方のお顔は分かりません。IDで表示されるだけです。

それでも、とても近いところにいるお客様です。また、受講してくれる(だろう)方たちが居てくれたことに感謝!の気持ち。!(^^)!


今回の”実験的トライ!”は、なかなか良い成果を上げることが出来ました。

今度は、これをオンライン講座に活かして、より多くの方と講座で出会えるようにして行きたいと思います。

まずは、慣れて頂くこと!ですね。

そのための体験コーナーの企画に早速着手しなくちゃ!

問い合せ&申し込みはこちら