Akihiko Satoda
Sep 6, 2018 · 5 min read

9/1,2の1泊2日で八ヶ岳(赤岳)(2899m)に途中まで登ってきた(朝霧のため登頂を中断)。

1日目

7:00新宿発のスーパーあずさに乗る。9時過ぎに長野県の茅野駅に到着し、アルピコ交通のバスのチケットを買って山麓へ向かう。

10:40。美濃戸口(1490m)。

轍のある林道を歩き、小屋がいくつかある登山口(1700m前後)へ11:30頃到着。ここで水が汲める。ここまでは車で来て車中泊する人も多い。花の落ちたホテイランをよくみかける。

12時、小屋で買ったリンゴを食べながら、いよいよ北沢から登山道へ入る。

涼しく心地よい沢道を行く。

14時、赤岳鉱泉(2220m)に到着。一日目の行動は終了。外国人登山者も見かける。

お風呂に入り、食事したり置いてある漫画を読んだりして夜までのんびり過ごす。ここでは夕食にステーキも食べられるのだが、残念なことに現金が足りなかった。電話はほぼ圏外で、Wifiなどもちろんない。21時頃消灯。

2日目

早朝に起床し、5:30頃出発して行者小屋へ向かう。

救助隊ヘリポートがある。高度があるからか低山より呼吸が乱れやすい。

6時過ぎ、行者小屋(2350m)に到着。霧で視界が悪い。

うっすらと赤岳が見える。文三郎尾根へ慎重に進む。

7時。2500mを越えたあたり。階段の連続する文三郎尾根からは下界が全く見えなくなる。登頂自体は可能かもしれないが、遭難時の危険を考え断念。晴れていればどんな景色だっただろう。

8時。再び行者小屋へ降り、食事とする。筆者の今回の目標の一つである「完全栄養食のベースパスタを山で食べる」を達成。

同行者が淹れてくれるコーヒー。山での食事はどうしてこう美味いのか。

南沢をそのまま一気に降りる。降りればほとんど霧は晴れている。安全祈願か後続への目印か、積石(ケアン)を沢のあちこちで見かける。

苔が包む美しい森も特徴的だ。北八ヶ岳のほうにはずばり「苔の森」というのもある。

美濃戸口からバスで茅野駅まで戻り、無事を祝し地ビールを飲む。14:30。

茅野駅のデパートには、3DプリンタやレーザーカッターとWifiが使える手頃なコワーキングスペースがあり、ちょっとした製作作業ならできそうだが、さすがに今回ラップトップは持参してきていない。

帰りの電車まで時間があるので上諏訪まで電車に乗り、片倉館へ行ってみる。ここはなんと「テルマエ・ロマエ」のロケで使われた洋式の銭湯だ。

7・8月の猛暑を抜け、気持ち良い季節となった。赤岳登頂にはまた挑戦したい。ステーキを食べに。

Uphill trek

On top of cloud nine

Akihiko Satoda

Written by

Programmer, with wanderlust

Uphill trek

On top of cloud nine

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade