チーム全体に語りかけるロードマップを作ろう

ustwo Tokyo team
Sep 10, 2021 · 9 min read

こちらはustwo Londonの英文記事を翻訳したものです。

ロードマップとはプロダクトをどのように開発していくかの地図です。ロードマップを見ればプロダクト、プロジェクトのビジョンやこれから進む方向を大まかに把握できます。つまりロードマップは全体のストラテジーやそこに向かうために必要な仕事を表すものなのです。プロダクト開発を効率的に進めるには明確で簡潔なロードマップがあることが重要です。

しかし優れたロードマップとはどんなものなのでしょうか?

ustwoは一年半もの間、世界をもっと健康に、ハッピーにするためにThe Body Coachと一緒に仕事をしています。私たちは新しいビジネスモデル、サブスクリプション戦略、顧客の進歩をサポートするバックエンドシステム、Body Coach創業者であるジョーのビジョンを伝えるウェブサイトを作りました。

私たちは新しいアプリをローンチして、それを育て、イテレートしていきました。

The Body Coachアプリ

これに併せてプロダクトプロセスもイテレートしました。私たちは頻繁にプロダクトのデザイン、開発の仕方を改善できるところはないか注意しました。ロードマップもこのやり方でデザインしました。ここでのミッションはチームの全員が今とりくんでいること、どこへ進むかを簡単に把握できるようにすることです。

どのようにロードマップをデザインしたか

シンプルでアクセスしやすいロードマップをデザインするには、何度か実践してみる事が必要です。チーム全員が役に立つと思えるフォーマットになるまで、時間をかけて作りました。考えたのは以下の点です:

  1. 今何に取り組んでいて、その次に何に取り組む予定かを伝える。
  2. 地平線: 今取り組んでいることの現状を伝える。
  3. 幅広いステークホルダーがロードマップに簡単にアクセスして理解できるようにする。

プロダクトイニシアティブ

プロダクトイニシアティブとは、新しい機会や目的にチームを推し進めていくための、ちょっとしたお試しのソリューションのことです。

ロードマップにはフィーチャーが使われるケースも多いでしょう。ですが私たちの場合は成果重視なので、フィーチャーよりも「解決すべき問題」としてのプロダクト・イニシアティブを作ります。

私たちがNotionで作ったロードマップのプロダクト・イニシアティブの例

プロダクト・イニシアティブのメタデータ

今取り組んでいるプロダクト・イニシアティブについてステークホルダーが知るべき大事なことは何でしょうか?

私たちはロードマップに入れるメタデータをここで考えます。このプロダクト・イニシアティブが目指すOKRは何か、なぜこれに取り組んでいるか、どのストーリーが関連しているかなどが伝えるべき基本の情報です。

ステークホルダーが興味を持つ情報は他にもあるでしょう。あなたのロードマップを見る人は誰かを理解し、それに応じてメタデータを準備しましょう。

私たちのケースでは、ロードマップをみるステークホルダーは、さまざまな人たちでした。彼らは私たちが作るものがユーザーとビジネスにもたらす価値に興味を持っていました。

そこで私たちはプロダクト・イニシアティブカードそれぞれにたくさんフィールドを加え彼らの要望に応えました。主なフィールドは:

このイニシアティブをリードする人は誰か?

チーム :どんなチームがこのイニシアティブをもっているか

エピック:どんなエピックがこのイニシアティブに関連しているか

関連するハイレベルのプロダクトオポチュニティ

関連するビジネス目的

なぜこれに取り組んでいるのか:なぜこのイニシアティブがユーザーやビジネスに価値があるのかをシンプルかつ明瞭な英語で書く

主な指標: 私たちは何を測ろうとしているか?

私たちのプロダクトロードマップのデザインはイテレーティブなので、いろいろなフォーマットを試しました。あなたも同じようにやってみてください — — シンプルなデータから始めて、ステークホルダーがロードマップを理解できるように徐々に追加、削除していくのです。

さまざまなプロダクトイニシアティブを示した私たちのロードマップの折りたたみ版です。各カードを開けると主要なメタデータが表示されます。

こういったイニシアティブを表示するのに、日にちやタイムラインを使ってロードマップを作っているチームは多いと思います。これらはタイムラインロードマップ、もしくはタイムベースのロードマップと呼ばれます。

タイムベースのロードマップは日にち、マイルストーン、締め切りを重視します。こういったロードマップを使っていると、チームがフィーチャーのデリバリーを成功の指標としてしまいがちです。フィーチャーをスケジュール通りにリリースできるのはいつか、という観点で見るのには役に立ちますが、全体を見渡せず、ユーザーに価値を届ける道筋を示してくれません。

優れたロードマップは自分のプロダクトストラテジーに向けてどのように進んでいるかを重視します。全体を見る、そして成果を伝えることが大事なのです。

この種のロードマップは、プロダクトゴールに向けて必要な仕事のテーマ、それに向けての進捗を伝えます。これは成果ベースまたはテーマベースのロードマップと呼ばれます。

成果ベースのロードマップを使ったことがある人なら、以下のような時系列をみたことがあるでしょう。私たちはこのように定義しました:

現在: 今、重視し、スプリントで優先的に推進し、活発に取り組んでいるイニシアティブ。

次: これからのイニシアティブ。どのようなものかを定義する必要はありますが、自分たちがこれに取り組みたいとわかっているものです( 現在のスプリントでスパイクやリサーチが必要かもしれないもの)

もっと先: さらに定義する必要があるイニシアティブ。あまり作り込まれてない、さらにリサーチが必要なものです。

この3つの時間軸で私たちとチームは大体うまくいきましたが、一つうまくいかなかったのがどのように実験を追跡し、その成果をかならず測定するということでした。

そこで次の地平線を追加しました:

クローズした: プロジェクト目標が達成された、または何かを学び方向を変えた。

成果を測定中: プロダクト・イニシアティブはベータまたは運用中で、私たちはデータをモニター中、または学習中。

「成果を測定中」の項目を付け加えたことは大変効果がありました。

以前はイニシアティブの成果を図ることが忘れられがちだと感じていました。自分たちの作ったものの成果を「測っている」状態がロードマップに入っていなかったので、定期報告にも入ってきていませんでした。

ロードマップに測定を加えることで、すでに納品した仕事について知ることは、新しいイニシアティブと同じくらい重要だとチームに伝えました。ローンチしたフィーチャーのパフォーマンスをプロダクトチームがモニターするだけでなく、私たちがすること全ての状態がステーキホルダーにも見えるようになりました。

優れたロードマップをデザインすればあなたはチーム全体に全体像を伝えることができるでしょう。でもそれだけではありません — — ほかにも以下のことに役立ちます:

全員が理解することができる唯一の情報源。ステークホルダーは他人に頼らずにロードマップから必要な情報を得ることができます。チーム内の会議の数を減らし、日々の業務へもっと時間をかけることができるのです。チームがフォーカスしていることをステークホルダーもわかってるので彼らからの質問も減ります。

他の関連文書へリンクできる参照ポイント。これはOKR、ディスカバリー作業、ロードマップ内のイニシアティブに関連する他のアクティビティなどです。ロードマップがハブとして機能することができます。

これらの利点をしっかり生かすためには、ロードマップをアクセスしやすくして、人々を巻き込む形で運用しなければなりません。

ステークホルダーとどのように仕事をするか考え、全員がアクセスできて簡単に使えるツールを選びましょう。スプレッドシートやTrelloボードのようにシンプルなものがベストです!私たちはNotionのリンクデータベースのすばらしさと直感的デザインが好きなのでNotionを使っています。CodaAirtableも良いかもしれません。

優れたデザインのロードマップを見れば、あなたのチームやステークホルダーはプロダクトストラテジーに向けてあなたがどのように進歩しているかがわかります。プロダクトイニシアティブについて必要な情報を全員が得られるためにはどのメタデータをロードマップに入れたらよいかに注意してください。フィードバックをもらいロードマップをイテレートして、チームメンバーに役立つようにしましょう。最後に、ロードマップのビジュアルについても忘れないでください。特におしゃれにしなくても良いのです!全員が簡単に理解できてアクセスできる、シンプルで明確なものにしましょう。

ソースと読み物

https://airfocus.com/blog/what-is-a-roadmap/

https://www.prodpad.com/blog/how-to-build-a-product-roadmap-everyone-understands/

Escaping the Build Trap, by Melissa Perri

Roadmaps Relaunched by C.Todd Lombardo and Bruce McCarthy

✨ わたしたちはustwoです。人々の暮らしに明確な変化を起こすデジタルプロダクト、サービスのデザイン・開発をしています。

👏 また、クライアントご自身の組織・デジタル文化が発展するよう、ワークショップやコーチングなども行っています。 プロジェクトのご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。 — hello.tokyo@ustwo.com

📥 ustwoからの最近情報はぜひTwitterまたは、ニュースレターでフォローしてください。

ustwo

A collection of ustwo stories

ustwo

A collection of ustwo stories

ustwo Tokyo team

Written by

ustwo Londonの東京チームのアカウントです。主にustwo本アカウントの翻訳記事や、日本マーケットに向けた独自の記事を配信予定です。

ustwo

A collection of ustwo stories