「しようがない」の見えないコスト

Lars Rosengren
Jan 17 · 5 min read

私は日本に来て以来、「しようがない」「仕方がない」という言葉に魅了されてきました。この表現はまた外国人から悲観的、保守的と受け取られ、批判を受けてきたものでもあります。なので外国人である私は同じ間違いをしないようにします。

このような表現は文化に根ざすことが多く、例えばアメリカ、フランス、ドイツ、スウェーデン文化の文脈におくと意味が違ってきます。私が特に面白いと考えるのは、「しようがないね」を使いすぎて生じる個人的コストそしてお金のコストです。時代遅れで変えるのが難しい企業の規範について、社員は問題提起をしたがりません。これによる潜在的なコストは何でしょうか?各社員がストレスや不満を感じ、ひいてはのちに彼らの健康に影響するかもしれません。


このような言葉を翻訳する時はいつも主観性やあいまいさが残ります。しかし簡単に言えば、ShikataganaiやShiyoganaiは「それは避けられない」、「ただ現実を受け入れるしかない時もある。全ての状況をコントロールできるわけではないから」という意味です。または「規定のもの」はただ受け入れて私たちが影響を与えられるものを最大限活用しようとすることです。

それはあまりに運命論的、悲観的だとする文化もあります。けれども日本が大きな自然災害を経験してきたことを考えると視点は少し変わってきます。起きていること、起きたことを受け入れ、それを乗り越えて前に進む健全な方法です。雑念や仏教的概念のマインドフルネスの流行から見ると、自分が影響を与えられることのみに集中し、心配する価値のないことは忘れることは役に立ちます。したがって「しようがない」はある程度の目的を果たし、深く文化に根付いているのは間違いありません。

ただ現実を受け入れるしかない時もある。全ての状況をコントロールできるわけではないから

しかし最近は、この表現の意味は少し変わって使われ過ぎるようになりました。 実際は自分がコントロールできるにもかかわらず「面倒くさい」「ただ受け入れなければならない」という意味になったのです。うちの上司はアジャイルを認めてくれないから仕方ないとか、会社は製品の品質よりも長時間働くことに価値を置いている、そんな時「しようがないね」と言います。

Photo by John Cobb on Unsplash

こういった状況で声をあげるのは難しいかもしれません。しかしできることがあります。「規定のもの」を受け入れつつもその中で最大限の努力をするのです。何かできるかもしれない、別の仕事が見つかるかもしれない、会社にダメージを与えない規模で何かを試してみる、品質が大事なのだと示し続けるのです。もちろん、これを全部やれば良い結果に必ずしも結びつくわけではありませんが、うまくいくかもしれません。自分でコントロールできることは多くないかもしれませんが、自分の対応は自分でコントロールできます。

自分でコントロールできることは多くないかもしれませんが、自分の対応は自分でコントロールできます。

これがデジタル製品の構築や文化の変革にどう影響するのでしょうか?上の例を考えてみましょう。「我が社ではアジャイルがうまくいかないので、経営陣は自社の文化に合わないと思っているのです、仕方がないですね」を耳にタコができるほど聞いてきました。もちろんこれには多くの理由があるでしょう。過去にいたコンサルタントが期待はずれだった、アジャイルを広めようとしたが社内の力関係に気づけなかった、理解しようとしなかった、実際に試さずに表面的な判断に基づいていた、かもしれません。しかし本当の問題は、会社がすでに決めてしまったことを変えられないと思いこんでいることです。

この種の議論に出くわしたら、難しいことですが私はいつもさらに深い議論を始めるのが好きです。会社がアジャイルに適していないと決めたとして、では何が適しているのでしょう?どのようにそれがうまく行くのでしょうか?それに潜むコストを考えたことはありますか?

これはしょっちゅう驚くことなのですが、新しいことをやめて以前のやり方に戻るとき、それが本当にうまく行くのか分析されていません。改善しないことによって何が起きるでしょうか?

もちろんustwoの見方はアジャイルびいきです。しかし、しようがないについて語るときにこれらの例を考えることに意味があります。私たちは、うまくいくと信じていることを実行しないことは受け入れますが、変化しない、改善しないことの隠れたコストを考えないのです。

Office environment (Creative Commons Attribution Share-Alike 2.5)

仕方がない、しようがないと言う言葉がふさわしい状況も確かにあります。それにより、来たる課題について注意し、その状況を大いに利用しどうやって前進するかにフォーカスすることができます。

しかし一度立ち止まって考えることが大切です。その状況を選ぶことの隠れたコストは何か?これは私たちのコントロール外にあるのか、それとも何らかの影響を及ぼせるものなのか?

現在の多くの日本企業は、トランスフォーメーションに挑むことに半信半疑ですが、将来も競争力を維持するためにそれに取り組まねばならないことは明らかです。取り組んでいく中で、以前よりも自身の考え方に挑戦し、既存概念に異議を唱えることができることが大事になります。- 仕方があるかもしれません…


この記事はThe cost of しようがないの翻訳です。

ustwo

A collection of ustwo stories

Lars Rosengren

Written by

Coaching teams and individuals on digital product leadership, user centred strategy and agility @Ustwo Tokyo, Japan.

ustwo

ustwo

A collection of ustwo stories

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade