デスクトップ操作をGIFアニメにできる"ScreenToGif"が便利だった話

How useful “ScreenToGif” was, a tool to capture desktop operation!

デスクトップ上の操作を説明する場合、言葉よりもGIFアニメを用意してあげるととてもわかり易いです。GIFアニメを作成するツールはいくつかありますが、この間たまたま使った「ScreenToGif」というツールが便利だったので、今日はその紹介です。ここでは「便利!」と感じたことだけ書くので、細かな使い方やダウンロード先は下記をご参照下さい。

ちなみにWindows版しかないようですのでご注意を。

便利さその1:開始/終了はキーボード操作が可能!

キャプチャの開始/終了はマウス操作のツールが多い気がしますが、ファンクションキーを用いてキーボードでの操作が可能です。開始はF7、終了はF8でいけます。マウスだとその動き自体がアニメに残ってしまうので嫌ですが、これならすっきり始めてすっきり終われますね。

便利さその2:その場で確認&編集ができる!

ファイルを保存する前に動画の確認ができます。また任意のフレーム(コマ送り画像のワンショット)を削除することもできます。操作にまごついて微妙な間ができてしまった場合も削除すればすっきりします。

便利さその3:Exeファイルひとつだけ!

そうです。インストールが不要なんです。ツールの展開もExeファイルをコピーしてあげるだけでよいので、地味に嬉しいことのひとつです。


GIFアニメを作成するツールは巷にはたくさんありますが、インストールが必要だったり、画面上の枠と実際に保存される範囲にずれがあったりと、イマイチなツールも多いです。そんな中「ScreenToGif」はいい感じでしたので、ぜひぜひお試しください。