上海の先ゆく3つのサービス

こんにちわ。VELTRA で中国事業のシステム開発を担当している Kojima です。5年ぶりに上海へ出張へいきましたのでレポートします。

街は、より一層に高層ビルが立ち並び偉観な風景へ変貌していました。そんな上海で気になった3つのサービスについてご紹介します。


シェアリング・エコノミー

道路を走る多くの鮮やかな自転車。それは、自転車シェアリング・サービスでした。利用は以下の通りです。(中国電子決済が必要なので外国人が利用するにはやや敷居が高いようです)

・あらかじめ会員登録しデポジット

・スマホアプリで自転車を探す

・自転車に印刷されたQRコードを読み込み15円ほどを決済

・30分ほどレンタルし自転車を乗り捨てる(所定場所でなくてよい)

宅配サービス

ランチは、出前アプリ(饿了么)を使って頼みます。日本でおなじみの吉野家・すき家・CoCo壱をはじめ、たくさんの出店があります。数百円のお弁当を1時間もしないうちに届けてくれます。

食べ物に限らず、翌日配送サービスもあります。そして、宅配会社の方とその場でスマホをかざして電子決済して完了します。

キャッシュレス

最も驚いたのは電子決済です。以下は、宅配の支払をするために、宅配会社と電子決済をしている光景です。レストラン、コンビニなど至る所で、スマホで QR コードを表示して決済をしている姿が印象的でした。

また、WeChat (中国版の Line アプリ)を使えば、簡単に個人へ送金ができます。

おまけ

デパートには、電気自動車充電スポットがずらりと並んでいました。街には、Tesla を2日に1台みるくらい走っていました。

上海では、2017年3月1日より、屋内の公共スペースでの全面禁煙条例が実施されたようです。

いかがでしたか?上海には、たくさんの便利なサービスがあります。ぜひ訪中の際は使って見てください。