バンドのスタイルで演奏のご依頼です。弦楽四重奏!?

眺めは最高です(^o^)

バイオリンにチェロ、ベース、ギターと言うスタイルです。世に言う弦楽四重奏とはまたちがえど、これも立派な弦楽四重奏。クラシックは少なめ、ポップスがメインです。

リクエストもあり、ジプシーの曲やアイリッシュを選曲いたしました。これまでジプシーの超有名曲「チャルダッシュ」はピアノ伴奏がメインでしたが、ギターがはいることでよりジプシーさといいますか、よりポップスさと言いますか、ヨーロッパの町中で演奏する路上ライブのごとく、自由で気さくなチャルダッシュになりました。

お客さんの反応も良く、私自身が「もっと近くで演奏したら愉しんでもらえるかな?」と思いおもむろにマイクを外して客席へ。

カメラを向けられてカメラ目線になってますね。

通常、派遣業者の依頼ですと奏者の勝手な判断で歩いて演奏したりできないのですが、私自身がリーダーの場合は、自己判断。ひいては良いと思った提案はどんどん採用したいですね!

ご依頼いただきありがとうございました!

Like what you read? Give 松本一策 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.