「旅行みたい!」

可愛いオブジェ

ぽかぽかお日様に誘われて
みんなで秋のお散歩に出かけました。

そろそろドングリや松ぼっくりの季節。他にはどんなお土産が手に入るのかな?

ワクワクしながら裏手の川沿いをどんぐり公園まで(約10分くらい)歩いていきました。

ネコじゃらしでジャレ合って、草むらに入って飛び草だらけになっても夢中で宝物探しです。

オシロイバナやヒナギク、櫨の実、松葉、クローバー。可愛いお花や珍しい木の実がいっぱい落ちています。

持っていった紙袋はあっという間にいっぱいになりました。

川の中を覗いてみると、小魚の群れが気持ちよさそうにつながっています。大きな鯉がゆうゆうと泳ぐ横をカモのカップルが気持ちよさそうに流れていきます。

「あっ!きれいな鳥!」

なんとラッキーなことに、今日は瑠璃色の羽の美しいカワセミや
可愛いヒタキにも会うことが出来ました。

年長のゆうくんは
「なんか、旅行みたいだ~」 と、うれしそう。

公園に着くと手ごろな大木があり、誰からともなく木登りが始まります。

登りやすい木がたくさんある公園

近くにいたおじいちゃんが、
「気持ちいいだろう!」と気さくに声をかけてくれています。

1時間強の小旅行から教室に帰って来ると、早速お土産を広げて

「先生、なんか作りたい!」

はいはい、そう言うと思いました。
紙にハサミ、ボンドとピンセットと、かわいいビーズやスパンコールもどうぞ。

思い思いに製作に集中、打って変わって静かな教室です。

自分を表現中

4年生のあーちゃんは、
「全部自然のものだけで作りたい。」

そーかと言えば、スパンコールで松ぼっくりを囲う子

ていねいにビーズを松ぼっくりに並べる子

細かい作業はピンセットで、そ~っとそ~っと。
指先を上手く使わないと思い通りにはできません。

彩やバランスを見たり見なかったりしながら
思い思いの素敵な作品が出来上がりました。

明日には色がかわってしまう草花の作品は
今この瞬間のみんなの思いを形にしたもの。

外からの評価など気にしないで
ただ一心に『自己表現』をしていくうちに
子ども達の心の中は満たされ、豊かに成長していくのだと思います。