アジャイルコーチングコンピテンシーフレームワーク

Lyssa Adkinsによる「Agile Coaching Competency Framework」の抄訳です。この作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 — 非営利 — 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

アジャイル/リーンの実践者

アジャイルフレームワークとリーン原則を学び、深く理解する能力。それらを適切に適用し、イノベーションを実現するために、プラクティスのレベルだけでなく、プラクティスを支える原則や価値のレベルで理解している。

プロフェッショナルコーチング

コーチの経験や意見よりも、クライアントの方向性を決定する関心事に注意を払い、コーチとして活動する能力。

ファシリテーション

個人、チーム、組織の目的と成功の定義を保持しながら、発見プロセスを導く中立的な立場。

メンタリング

同じ分野や類似した分野にいる人材を育成するために、経験、知識、助言を与える能力。

ティーチング

適切なときに適切な知識を適切に提供する能力。個人、チーム、組織が知識を吸収して、最善の結果を得られるようにする。

技術の熟達

自らの手を汚して、アーキテクチャの選定、設計、コーディング、テストエンジニアリングなど、技術的なプラクティスを実践する能力。やって見せて教えることにより、技術的な職人気質を促進する。また、アジャイルのスケーリングパターンや構造の専門知識を持つ。

ビジネスの熟達

アジャイルをビジネスの競争優位として採用するために、ビジネスドメインのイノベーションにつながるリーンスタートアップ、プロダクトイノベーションテクニック、フローベースビジネスプロセスマネジメントといったビジネス戦略とマネジメントのフレームワークを適用する能力。

変革の熟達

組織の変化や変革を促進、媒介、(適切に)リードする能力。この分野では、チェンジマネジメント、組織文化、組織開発、システム思考、その他の行動科学などを利用する。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.