Medium Statsから考えてみた

MediumのStatsって公開している人少ないよなー、よしやってみようから始まるストーリー。

Statsの項目のおさらい

MediumはStatsという投稿したストーリーの統計情報を見るメニューがある。まずはこの項目のおさらいから始めよう。

・Views:ストーリーが開かれた数

・Reads:ストーリーが読了された数(と認識している)

・Read ratio:ストーリーの読了率(Reads/Views)

・Recommends:ハートが押された数

・ Referrers:どこからストーリーを開いたか

本気で解析をするには物足りない項目数ではあるが、この潔さは私は好きである。項目数が多すぎると趣味でやっているMediumが仕事と変わらなくなってしまう。

2017年2月15日現在、私のStats

【合計】
投稿ストーリー数:28
Views:1476
Reads:1115
Read ratio:75%
Recommend:221
文字数:26,056字

※投稿ストーリー、文字数は独自にカウントしています。2月16日追記。

【1ストーリーの平均】
Views:53
Reads:40
Read ratio:75%
Recommend:8
文字数:931字

Statsをもとに傾向を探る

傾向を調べるにあたりRead ratioを主軸に置く。

【テーマ別】

私はMediumに投稿するストーリーにテーマを設けていない。しかし、便宜上いかのようにテーマを分ける。

家族:家族との生活で気づいたことなど
仕事:仕事術や仕事についての考え方など
気づき:日常で気づいたことなど
人間:私という人間が考えていることなど

「人間」のViewsとReadsが飛び出ているのは投稿ストーリー数が多いためである。Read ratioは74%~78%とほとんど差がない、これは私にとって大変嬉しい結果となった。Read ratioが極端に低いテーマが存在していたら、今後そのテーマで書くのは中々の勇気が必要である。

「仕事」のRead ratioがやや高いのはMediumでは何か自身の仕事に役立つことを探しに来ている方が多いことの表れだろうか。

【文字数別】

テーマ別とは異なり文字数別のRead ratioはやや振れ幅が存在している。

900–1000字を頂点とし前後が落ちている。現在の私の文章力では800–900字のストーリーだとつかみの部分が弱く、最後まで読まれにくく、1000–1100字のストーリーだと冗長になり、最後まで読まれにくくなる。

何より一番問題な点は900–1000字のストーリーが少ないことだろう。文字数を意識したことはないが、無意識のうちに端折りすぎているか説明しすぎていると言える。

ちなみにこのストーリーは約1120字だ、どうにか危険な文字数を回避できた。