Zoomで自動的に字幕を出す方法

ちょっとした工夫でWeb会議にライブ感を出そう

Hiroyuki TAKAHASHI
May 30, 2020 · 6 min read

当社はこの度、リモートワークでの業務が基本となりました。

少し前の私は、ティール組織にならないと完全リモートワークなんて夢…というか、無茶だと思っていました。事実、今回はCOVID-19対策がきっかけです。

ここからが正念場だと思っています。リモートワークをしているからといってティール組織にはなれる訳ではなく、かといって立ち止まる訳にもいきません。リモートワークを前向きに捉え、マネジャー視点の戦略を考えて続けて行きたいと思っています。

さて、話しは変わりますが、今回はZoomで話している内容を自動的に字幕で出せる方法に成功しましたのでご紹介したいと思います。

その前に…テレビ会議漬けの方にはスゴく共感するであろう面白いビデオがあるのでぜひ見てください。私は、あるあるネタ過ぎて爆笑してしまいました。

このシリーズは他のビデオも面白いデス

本日紹介する方法は、以下のメリットがあります。

  • Zoom会議における聴覚障害の方へのフォロー
  • 音声のコンディションが視覚的にわかる
  • 議事録作成が楽になる
  • 自分の話し方の問題に気づける
  • 他言語への同時通訳が可能となる

と、いっても過度な期待はしないでくださいね

上のYouTubeを見てもらえば分かる通り、Zoomの環境によって精度は変わりますので、まーそこそこ出来る、ってぐらいに思って頂ければ。

まず、当然Zoomです。ただし、当社はビジネスプランを契約しているので、フリープランで出来るかは確認できておりません。

次に、「文字起こしソフトウェア」を用意します。

今回はUDトークというiPhone/iPadアプリを使います。

最近のアップデートでZoom連携が追加されましたので、その機能を利用します。(※2020/5/31現在、Android版は対応していないようです)

UDトークですが、かゆいところに手が届く有料版を当社では契約しておりますので、ウイングアーク社員の方は私にお問い合わせ頂くか、Confluenceで「UDトーク」と検索してみてください。必要な情報を載せています。

一回だけ、Zoomの設定をいじります。

まず自分の設定画面に行ってください。(下記URLで直接アクセスできます)

https://wingarc.zoom.us/profile/setting

この中に「字幕機能」という項目がありますので、これをONにしてください。

「ミーティングにて(詳細)」というカテゴリーの中にあります

この設定後、Zoomのホストになった場合に「CC 字幕」というボタンが出ていたら成功です。(字幕を出せるのはホストの時だけです)

ここからは、ミーティング毎に行う手順を説明します。まずZoomミーティングを開始したら、「CC 字幕」ボタンを押し、続けて「APIトークンをコピー」というボタンを押します。そうすると、長い文字列がクリップボードにコピーされます。

このAPIトークン(コピーされた文字列)を、どうにかしてUDトークを入れたiPhone/iPadに転送してください。

私はMacを使っているので、iCloudで連携させた「メモ」やEvernoteを使って文字列を同期させています。

UDトークを起動し、とりあえず「トークを始める」を押します。(詳細はUDトークのマニュアルを読んでください)

次に「メニュー」を押します。すると「外部字幕サービス連携」というメニューがありますのでそれを押します。

そうしましたら、ZOOMとう領域にAPIトークンを貼り付けてください。その後「字幕を送信する」ボタンがOFFなので、ONにします。

これだけです。カンタン。

あとはZOOMで話してみてください。こんな感じで字幕が出ます。(文字サイズは調整できます)

Zoom呑み。私の本と漫画コレクションについて熱く語ってしまいました。

UDトーク自身の文字変換精度は高いのですが、辞書を充実させることでもっと精度は高まります。

またUDトーク自身が翻訳機能を持っていますので、他言語変換をONにすれば、同時通訳字幕も可能です。

なお、お気づきかもしれませんが、ミーティング参加者全員の声を変換するには、UDトークを起動しているiPhone/iPadに「聞かせる」方法を考えなければいけません。私は「会議用集音マイク」などを利用しています。

と言ったわけで!今回はZoomでお手軽な自動字幕を出す方法のご紹介でした。

皆さん、緊急事態宣言が解除されたからといって新型コロナウイルスが消えたわけではありません!心身ともに負けないようにしっかり対策し続けましょう!ではまた!

WingArc1st Inc.

Our mission as a data empowerment company.

WingArc1st Inc.

Our mission as a data empowerment company. Dramatically expands data utilization possibilities, from operational reforms to social issue solutions.

Hiroyuki TAKAHASHI

Written by

General Manager at WingArc1st Inc., Software Engineer, SPI Coach, Certified Scrum Professional® - ScrumMaster, Certified Scrum Professional® - Product Owner

WingArc1st Inc.

Our mission as a data empowerment company. Dramatically expands data utilization possibilities, from operational reforms to social issue solutions.