快適な至仏山

書くのが苦手で放置プレイしてたのだが、尾瀬の至仏山にも登って、滑ってきた。

至仏山は東京から比較的行きやすい場所にあるが、鳩待峠まで入って気軽に滑ることができるのは道路開通の4月末から。開通前は11kmほど歩くことになる。僕を含め軟弱な人間は道路の開通をまだかまだかと待っているのだ。

道路開通後は2時間の登りで山頂まで行けるため本当にお気楽で、それは戸倉の第二駐車場までキツキツになるわけだ。1000人くらい入っていたという話もあり、山というよりスキー場の人口密度。

2時間弱。あっというまに山頂。

お昼ごはんを食べてまずはワル沢を一本。

これはかなり滑りやすくご機嫌。しかもこの沢をそのまま降ればすぐに鳩待峠。楽をしようとここをもう一本やって鳩待峠は?と仲間に提案したがあえなく却下。尾瀬ヶ原に滑り込むのが今回の目的……

それもそうだと登り返し、今度は尾瀬ヶ原に向けてドロップ。が……ここは登る人も下る人も多く、雪がグサグサに荒れてて何度か顔面ダイブ。

満足。

帰りも苦労なく鳩待峠に着いた。全体的に人間にやさしく、登りも下りも楽チンで、いいの?こんなに苦労なく見返りがあって?と不安になる山だった。らくなのはいいことですね。次は人が少ないときに来てみたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.