「副業の方の成果と成長、それは受け入れ側次第だと思う」

POL渡辺さん×元野村證券桐原さんの副業と採用

YOUTRUST代表の岩崎です。
お陰様で度々「YOUTRUSTで副業決まったよ!」「正社員採用できました」とご連絡いただくようになって引き締まる思いでサービスの改善を続けております。

そんな平成最後の夏も終わる9月末に、LabBase(理系学生と採用企業のマッチングサービス)を運営しているPOLの渡辺さんから、突然こんなご連絡をいただきました。

我々に採用決定の報告するためにこの写真を撮ってくれたお二人

早速、どういう経緯でお二人が一緒に働くことになったのか、インタビューに行ってきました。

既に幼馴染のような距離感でお話されていたお二人(左:桐原さん、右:POL渡辺さん)

桐原さん(写真左):京大を卒業後、2012年に新卒で野村證券に入社。3年間営業を経験。その後、人材紹介会社にジョブチェンジするものの「それが本当に自分が熱中できることなのか?」と立ち止まり考えた結果、今夏よりフリーランスとして複数の企業で働いてみることを決意。一児の父。

POL渡辺さん(写真右):同志社大学院にて人工血液の研究に従事。リクルートに新卒入社、営業/営業企画/商品企画/新規事業開発とビジネスサイド全般を歴任。新規事業開発では、リーダーとして開発/デザイン以外すべてを担当。その1案に研究関連領域の事業を立案するも実行には至らず。その後、縁あって、POLに社会人インターンとして関わり、株式会社POLの創業期に2号社員としてジョイン。ビジネスサイド全般を歴任して、現在は執行役員として人事責任者を担当。

フリーになるのは全く不安ではなかった

— — 桐原さんは誰もが知る会社を経験したうえで、フリーランスになるという決意をされたそうですが、不安はなかったのでしょうか。

桐原:特に次に仕事も決まっていなかったのですが、最悪どこか面接にいけば転職できるだろうと思っていたので、特に不安ではありませんでした。ただ、妻に「3ヶ月ぐらいフリーになろうと思う」と伝えたところ、一言だけ「不安」とは言われましたね(笑)。
現在は、収入維持することを条件に好きにやらせてもらってます。そのような中で、仕事を探すためにYOUTRUSTで「今すぐ手伝える」にステータスを変更したのが始まりです。

社員として内定を出せる方に副業で手伝ってもらう

— — POLさんは副業や業務委託の方を積極的に採用されているのですか?

渡辺:はい。積極的に採用しています。現在は社員10名に対して現在 20名ぐらいの方に手伝ってもらってますね。職種は、営業顧問、CS、ディレクター、ユーザーヒアリング、リサーチャー、エンジニア、デザイナ、人事など幅広い職種で副業の方に活躍いただいてます。

ご自身も社会人インターンからの入社なので、副業に思い入れがある渡辺さん

— エンジニアやデザイナだけじゃないんですね。でも結構な人数採用されてて、社員より多いって大変じゃないですか…?

渡辺:実は業務委託をお願いするのは、弊社の正社員としての採用要件を満たしている方のみに限定しています。もちろん将来的な採用を前提にというか、いつか入社してほしいと思う方だけにお願いしています。採用目的でもありますね。

実際に過去には4〜5名が副業から社員として入社してくれています。実際に現場で働いたうえで納得して入社してくださるようです。結果的に入社するに至らなくても、応援したい会社を応援できるというのは副業の良さだと感じています。

契約条件はじっくり相談して決めた

— — 報酬や契約内容はどうやって決めたのでしょうか。

渡辺:他の方もそうですが、報酬や契約の内容についてはご本人と直接相談して決めています。基本的には最初の契約期間は、お互いきちんと振り返るタイミングを作るために1ヶ月で区切るようにしています。まだ本当に1ヶ月で契約を切ったことはないですが。

桐原:実は僕については1ヶ月ではなく、最初から3ヶ月契約でしたね。1ヶ月という提案をもらったのですが、職種柄お客様とコミュニケーションをする職種なのでさすがに1ヶ月では成果が見えづらく、3ヶ月を提案して受けてもらいました。

— — 働き方はやはりリモートがメインですか?

渡辺:リモートかその他働き方をどうするかなどは職種によってもケースバイケースなので都度相談ですね。 成果が出るのであればリモートでも全く問題ないですし、その点は柔軟にやってます。また、slackは副業という理由でチャンネルを絞ったりせず社員と同じレベルの情報公開をしているので、リモートの場合でも情報が入らなくて働きづらいということはないと思います。

桐原:現在5件ほど業務委託をお受けしているのですが、そのうちPOLは週2日分くらいでやらせてもらってます。お客様のところに訪問したりもします。 出社を義務付けるかは、当初より相談していたのですが、アポのために外出が多く、さすがに厳しいと話し受け入れてもらえました。一方で、自分の意思でオフィスに積極的に来るようにしています。社内のリアルな情報をキャッチアップしたり、今後の話をするには、やっぱり顔が見えたほうが情報量は多いですし、温度感や細かなニュアンスを受け取るには対面コミュニケーションがいいかなと考えています。

「信頼できる友人の友人」という安心感から即意気投合。出会って8分でオファーした

— — 最初は渡辺さんからスカウトメッセージを送られたのでしょうか。

渡辺:はい。私からメッセージをお送りしました。返信をもらえるように、文面はメンバーと相談しながら作りました。桐原さんがレスしやすいように最初から日程候補を送りました。

実際のスカウト文面。日程候補を出すのは意外と面倒なので先に出してもらえると助かりますよね…

— — たしかにこれは返信しないといけない気がしますね…!メッセージから実際に働きだすまでの経緯を聞かせてください。

桐原:たしかスカウトが来てから働き出すまでは1ヶ月くらいしかかかってません。特に初日の話がとにかく早かったですね(笑)。

渡辺:いや〜、すごく覚えてます初日! 銀座のルノアールに朝10時、すみっこの席でしたね。まずは自分から自己紹介、会社のご紹介、実現したい世界、現在の課題、一緒に働きたい方のイメージをざっと話した記憶があります。

桐原:自己紹介をした後、自分がライフワークとライスワークという2軸で仕事や会社を選んでいるという話をしました。さらに自分が人材紹介や、教育業界に興味があるということも話しました。将来的に作りたい世界の話もしましたね!

渡辺:それを聞いてすぐに「それならうちしかないっすね〜!」って言ってしまいました(笑)。
ここまででだいたい8分ぐらい。この時点で近い思いを持っていることがわかったので、一緒にやりたいという気持ちが固まりました。

桐原:その話を聞いて、POLが「理系学生が自身のキャリアをフェアに選択できる世界を作ること」を実現させようと考えているのだとわかりました。自分がフェアでないことが嫌いな性格なので、すぐに「やりたい」と思いました。あとは渡辺さんの人柄に惚れたというのもありますよ!

その後、 役割、ミッション、KPI、報酬形態などを詰めるまでに、その後2週間ぐらいかかりました。業務委託として限られた時間で関わる分、自分がパフォーマンスを出せる方がいいと思い、ここについては両者でしっかり議論をしました。

インタビューの合間に「で、いつ入社するの?」と何度も聞く渡辺さん。なんだか楽しそう

— — 初日の意気投合の早さがハンパないですね。
桐原:なんとなく「共通の友人がいる」という安心感があったせいかもです。あとYOUTRUSTはリクルーターの審査があると聞いていたので、運営が選んでいるリクルーターなら大丈夫だろうなという安心感もありました。

渡辺:あとは「信頼している友人の友人だからまぁ変な人はいないだろう」と考えていたので、最初からがんがんコミュニケーションとれました。もし、会ってみて合わなかったとしても「タイミングが合わなかっただけだ」と思っていたと思います。
他のサービスよりも身内感というか、友達とか仲間、という感覚をもって初日から話をさせてもらいました。

桐原さんがYOUTRUSTで「今すぐ手伝える」というステータスだったので、副業意欲があるのもわかっていて話しやすかったのもあります。

楽しすぎて自分の友人をさらに副業に誘った

— — 1ヶ月働いてみて、いかがでしたか?

桐原:純粋に楽しいです。「友達の友達は友達」というか、渡辺さんたちと一緒に働くのは親しい友人みたいで本当に楽しいですね。今回は特に、ミッションにもカルチャーにも共感しているので、なお一層楽しいのかもしれません。

あと、環境的にもPOLは本当に情報をオープンにして、権限も渡してくれるので働きやすいです。毎日「困ってることはないですか?」って渡辺さんだけでなく、皆さん聞いてくれるんです。そういう気遣いは嬉しいですね。

渡辺:前提として、業務委託で入ってくれている人の成果や成長は基本的に受け入れ側にあると思っているので、自然に働きやすいか気になってしまってそういった質問をしてしまうんです。

桐原:業務面ではスタートアップだけあって変化も激しいので、その都度ミッション、KPIを相談しながら進めています。もちろんコミットとして「今月中に何社アポいきます」とか話すのですが、数字はガチっと決めすぎずに柔軟に期待値をすり合わせながらやっています。

— — なるほど、お互いの認識や期待値のすり合わせはしっかり意識してされているのですね。
非常に参考になるお話ありがとうございました。最後に一言お願いします!

桐原:実は、社員でもないのに自分の友人に「一緒にPOLで副業しない?」と誘ってしまいました(笑)。 手伝ってる会社に友人を誘ったのは初めてでしたね。それくらい楽しくやらせてもらえる素敵な会社と出会えて本当に感謝してます。

桐原さんがご友人の人事にYOUTRUSTをご紹介くださり、弊社の営業も一緒に来てくださることに!感謝。

— — たくさんお話いただきありがとうございました!

お二人から、副業で働くまでの経緯、採用するうえで気をつけていることをお伺いし、我々も非常に勉強になりました。まだまだ始まったばかりの副業という働き方について、我々もPOLのような企業様に引き続き学ばせていただこうと思います。

YOUTRUSTでは引き続きリクルーターを募集しています。気軽に下記ページよりお問い合わせください。

引き続きYOUTRUSTをよろしくお願いします。