YOUTRUSTって実際どうなの?副業成立した人たちに話を聞いてみた

Traimmu 高橋さん × 副業側中村さんインタビュー

今回私たちが運営しているYOUTRUSTで副業が成立した、Traimmuの高橋さんと副業側の中村さんにお話しを伺える機会があったので、副業成立までがどんな流れだったのか、今どういった仕事をしているかについてお聞きしました!

高橋 慶治さんプロフィール(左)

Traimmu Inc. CEO。「若者の価値を最大化する」をビジョンに起業したのち、学生の長期インターンシップに特化した求人サイト「InfrA」や、起業・留学・NPO・スポーツ・カルチャーといった日本最大級の学生向けWebメディア「co-media」を運営している。Traimmuで副業興味ある方はこちらからメッセーを。(YOUTRUSTからもどうぞ。)

中村勇希さんプロフィール(右)

株式会社トゥーアールに所属して、フロントエンドエンジニアとして活躍しながら、デジタルハリウッド大学で講師をしたり、Webデザイナーの仕事を楽にする! gulpではじめるWeb制作ワークフロー入門を執筆し、出版するなど、活動は多岐にわたる。Twitter: https://twitter.com/nayucolony

知り合いをきっかけにYOUTRUSTを知った

— — 今回なぜYOUTRUSTを使おうと思ったのですか?

高橋さん:スタートアップの採用だと、コアメンバーが欲しいとかいいメンバーに入って欲しいと思うことは多々あるのですが、色々と難しい部分があります。

以前違う採用ツールを使ってみて採用には至ったのですが、お互いの認識のずれ等があり、あまりいい結果につながりませんでした。

その経験から、まずは副業や業務委託という切り口からメンバーを採用する方針にしたところ、YOUTRUSTをFacebookの友人の投稿で偶然知り、使おうと思いました。

中村さん:共通の知り合いがYOUTRUSTで働いているので、サービス自体は元から知っていました。

登録だけしてみるかと思っていたのですが、プロフィールなどを埋めたら、実際にマッチングをして副業することになりました。

— — 知り合いづたいにサービスを知ってもらうのは嬉しいことです。では、YOUTRUSTをどのように使っているか具体的に教えてもらってもいいですか?

高橋さん:例えば、今回の中村さんみたいにエンジニアの業務委託を探していた場合だと、まず自分の方で副業したい人たちのプロフィールやスキル面、やってきたことなどを見ていいなと思う人をリストアップします。

それをエンジニアの採用担当に見てもらって、OKだと思った人にメッセージを送っています。そして実際に会ってという感じです。

— — きちんと使っていただきありがとうございます!ちなみに、中村さんは副業意欲を公開することに抵抗はありませんでしたか?

中村さん:ありませんでした。今の本業として勤めている会社自体、副業がオープンな雰囲気なのと、自分自身も大学講師をしたり、本を執筆したりなど、個人事業主的な働き方をしているので、抵抗はなかったです。

スカウトがきてから働き始めるまでの期間は約1ヶ月

— — スカウトから副業が成立するまでの流れを教えてください!

高橋さん:正確な人数は覚えてないのですが、岩崎さん(YOUTRUST代表)のアドバイス通りに10人ほどにメッセージを送ったら、返信率がとても高くて驚きました。

その中で中村さんに会い、実際に副業してもらうことになったというのが一連の流れです。

中村さん:スカウトをもらってから、メッセージを2,3往復して、すぐに渋谷のルノアールで会うことになりました。

まずはお互いどういう人なのかという部分と、仕事の部分について話し合い、結構早いタイミングで働くことになったと思います。

それから、契約ごとで再度会い、その際に稼働時間や金額の面を話して、業務に携わるまでは1ヶ月ぐらいだったと思います。

— — 決まるのがとても早いのに驚きです。少し聞きづらいところなのですが、金額面や稼働時間などについてはどう話し合いましたか?

高橋さん:まずこちらからこのぐらいコミットして欲しいという時間と、予算感も提示しました。

月50~60時間の稼働で、週15時間ほどで、副業や業務委託にしてはもしかしたら多い方かもしれませんが、ある程度コミット量をもって入ってもらった方が過去の経験から上手くいっていたのでその時間で提示しました。

中村さん:自分もどのぐらい副業に時間を充てられるかは、これまでの経験や肌感でわかっていたのでよかったのと、金額面もその時に話し合って決めましたね。

業務では管理画面のリプレイスを担当している

— — 今副業でどんな仕事をしているか、これまでに何をしたかなど教えてもらえますか?

中村さん:サービスの管理画面がVue.jsで作られているので、React.jsに書き換えるフルリプレイスしています。もうすでに書いたコードをレビューしてもらったりなど、実際の業務に入っていますね。

— — もうすでに実務に入ってるんですね。ちなみに、リモートワークが主と聞いたのですが、コミュニケーションで困っていることとかはないですか?

高橋さん:ほぼないですね。基本Slackですが、仕様でわからないとこなどは現場のエンジニアとやりとりしてもらっています。現場に任せているので、自分が中村さんと連絡を取ることはいい意味でほぼないです。

中村さん:リプレイスだからということもあるかもしれませんが、仕様がはっきりしているので、あまりコミュニケーションで困っていることはないです。

わからないところは都度聞いてという感じで、リモートワークでも不便することはないです。

— — それはよかったです!中村さんは本業と副業との兼ね合いをどうしていますか?大変だったりしませんか?

中村さん:本業自体も受託のWeb制作なので、お客さんによって使う技術が違ったりとかで、スキルがついて副業に還元されたり、逆に副業で培ったスキルを本業に活かせたりなど、相乗効果になると思っています。

本業に支障が出るとかはあまりないです。

YOUTRUSTは共通の知り合いがいるというところがやはり大きい

— — 今まで色々と聞いてきたのですが、YOUTRUSTを使ってみての感想を教えて欲しいです。

高橋さん:やはりYOUTRUSTは、共通の知り合いがいるというのが大きくて、採用もなのですが、知り合い同士がリファレンスになって、この人どうなの?というのが聞けるのはありがたいですね。

共通の知り合いがいないと、仕事がおろそかになったり、連絡が取れなくなったりみたいなこともあるのですが、知り合いづたいということで、いい緊張感で仕事ができるのもいいポイントです。

中村さん:高橋さんがおっしゃる通り、いい緊張感でできるからこそ、評判も悪くなりたくはないし、価値を出さなきゃと思って働いています。

すぐTraimmuさんで副業が決まってしまったので、そこまでYOUTRUSTを使えていないのですが、こんなにスムーズに決まるんだなと驚きました。

— — それでは、最後にYOUTRUSTのおすすめポイントを教えてください!

高橋さん:副業だといい意味でハードルが低いから、会社のなかの箱が広がっていく感じで会社2.0みたいな時代が来ると思うんです。

そんな時にYOUTRUSTはとても良くて、やはり共通の知り合いがいる、二次紹介であるという点で、信用しやすいし、メッセージも返ってきやすい、採用した後も仕事もきちんとしてくれる感があるのでいいなと思います。

中村さん:個人的になのですが、社長の岩崎さんのTwitterでサービスのことを発信されていたりして、そういう開発者や創業者の顔が見えるサービスが好きです。

YOUTRUSTは知り合い同士のサービスなので、その点副業する上でも安心があるのがおすすめポイントです。

高橋さん、中村さん本日はありがとうございました!

お二方から、YOUTRUSTの使い方や採用してみてどうだったかというのを今回インタビューして色々聞くことができました。企業の方の採用や副業したい方の参考になればと思います。