厳格な管理や懇親イベントでは 組織の問題は解決できない

1.従業員の行動を理解する: まず、従業員が何をしているか、なぜそうしているのか、を深く理解する。

2.協働の要を見つける: 協働を促進する要となる従業員や部門を特定し、彼らにそのための権限や利益を与える。

3.権限の総量を増やす: 既存の権限を移すだけでなく、新たな権限をつくり出す。

4.助け合いを仕組み化する: 互恵性(協働することにより互いに得をすること)を高める。

5.助け合いの結果をフィードバックする: 直接的なフィードバック・ループをつくり出す。

6.助け合った人に報いる: 個人およびチームにとって、透明性、イノベーション、高い志が最良の選択肢となるようにする。

出展 DIAMONDハーバードビジネスレビュー

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.