白内障手術を受けてきました(当日)

今日、白内障手術を受けてきました。

白内障手術を受けるのは、3年前に続き2回目。3年前が左目で、今回が右目。これで自前のレンズをどちらも失ったことになります。

白内障は、水晶体が白く濁って視界を塞いでいく、一般的には老化で起きる症状、というか、老化そのものなので、遅かれ早かれ誰もが向かう状態ではあります。それが、私だと比較的早く訪れたし、訪れるタイミング左右でか3年ずれてました。

何かしたからとか生活習慣だとかでなるということもないらしく、病院にかかっても原因の特定とかの質問もなく、診断されるとすぐに手術の話になります。

水晶体という眼球内のレンズにあたるものそのものが濁っていくので、治す方法はなく、その視力に甘んじるか、取り除く手術しかないです。取り除いて、人工のレンズを入れる。

砕いて吸い出すので、抜いた歯のようにこれがあなたのレンズですよと見せてもらえる機会はないです(笑)。

ぼくは、とにかく今が困っているので見えるようになりたい一心で、3年前の左目の時点でも迷いなく手術の手続きを進めました。左目の実績から言うと、白内障になってる年配者にはとりあえずこの手術を受けさせてあげたい。見えるようになることは感動的だし、感動的によく見えるようになります。

手術時間はすごい短いです。10分くらい。意識はあるし、目薬の麻酔だけなので目も見えてる。目の感覚はないけど動かせるので、見る場所を指示された状態で、先生と話しながら手術が進む。その、これ動かしちゃったらどうなるんだろう?ってその想像が1番緊張します(笑)。

今回は2度めということもあり、手順も理解したので、見える景色しっかり見てやろう、と思って余裕持って望めました。水晶体か砕かれ吸い出され、視力はあるのにレンズがない世界がどう見えるか、そしてあらかじめ測定され準備されたレンズが押し込まれていくときにどんな景色が見えるか。でもなんというか、目の前ライトだし眩しくてあまり見えませんでした。瞳孔開く目薬もしているし。光の渦ではありました。2001年宇宙の旅感。

30分前に眼球にメスが入ってたのに、眼帯して普通に帰ってるのは不思議。単純で短い、成功率のとても高い手術だけど、この手術で得られるものはすごく大きい。そして帰り道思ったけど、術後というより、片目で遠近感ないことはすごい危険です。右目はすでにほとんど見えなくなってたとはいえ、両目の視力があったことのは重要なんだなあと実感。帰ってふつうにMediumのstory書けるくらいには痛みもなく術後順調です。

ギブスのような眼帯が外れるのは明日の検診。今日はお酒も飲めないし早めに寝るかな…。