Mediumを少し便利にするIFTTTアプレット

IFTTTを使うと、Mediumの周りでこんなことを自動化できてちょっと便利になります。

IFTTTというのは色々なアプリやサービスの操作を自動化するサービスです。IFTTTを使うと、たとえばこんなことができます。

Mediumでストーリー(記事)をブックマークすると、そのストーリーが自分のPocketに自動で保存されます。

他にもこんな操作を自動化できます。

Mediumに関連するIFTTTのアプレット(設定)はこちらから検索できます。ここに紹介したもの以外にも沢山ありますが、基本的には、Mediumでストーリーを「投稿する」か「リコメンドする」か「ブックマークする」という操作のどれか1つを行うと、それに連動して別のアプリで特定の操作が行われる、という仕組みです。

また逆に、他のアプリやサービスで特定の操作をすると、Mediumにストーリーを自動で「投稿する」または「下書きを作る」ように設定することもIFTTTで出来ます。

IFTTTの詳しい説明はこちらなどをご参照ください。

ちょっとした操作はIFTTTでショートカットしてしまいましょう。

(Photo:Shortcut by Fishbrain.randy@sbcglobal.net via Attribution Engine. Licensed under CC BY-NC-SA.)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.