I work on porting official Git client to Plan 9 last year. Today, I announce Git on Plan 9 is achieved to be able to use normal operations.

Installation

Before installing git, you may need to apply latest 9legacy stable patches. Git requires to install ca.diff patch, but I recommend to apply all stable patches. 9legacy stable patches are available on Patches.

You can download Git binaries for 9legacy/386 from git-386.tgz. After an archive is downloaded, then extract it, and bind onto /bin. For example,

% hget https://lufia.org/git-386.tgz | gunzip -c | tar x
% bind -a . …


きっかけは不明ですが、いつからか、Google Drive File Streamにログインすると、ドライブがサイドバーに2つ出現するようになりました。このアイコンは「サイドバーから削除」で一時的に消すことが可能ですが、再度ログインするとすぐに復活してしまいます。(どうやら非表示に設定しているだけらしい)

2つマウントされた様子

また、この現象が発生した辺りから、macOS起動直後はGoogle Driveのマウントに失敗することが頻発するようになりました。デスクトップにログインすると、数秒だけ真っ白なアイコンが出現するものの、そのまま消えてしまう状態です。

解決方法

この症状は、Google Drive File Streamのキャッシュ削除と再インストールを行えば解決するそうです。事前に、解決したことを確認するため、Finderの環境設定でサイドバータブを開いて、「外部ディスク」のチェックを入れておきましょう。

以下がアンインストールの手順です。事前に、解決したことを確認するため、Finderの環境設定でサイドバータブを開いて、「外部ディスク」のチェックを入れておきましょう。

  1. Google Drive File Streamの終了
    メニューバーのアイコンから終了を選びます
  2. Google Drive File Streamのアンインストール
    アプリケーションフォルダからゴミ箱へドロップします
  3. キャッシュの削除
    ~/Library/Application Support/Google/DriveFSを削除します
  4. macOSの再起動

ここまでで、重複していたGoogle Driveデバイスが消えます。あとは再インストールを行えばGoogle Driveデバイスが正常な状態でマウントできます。


iOS 11.3にアップデートしてから、iOSのSafariでブックマークを操作すると、タイトルのないブックマークエントリが増えるようになりました。この項目は削除もできないし、開くこともできません。

iOSのバグだろうからアップデートすれば解決するだろうと判断して、しばらくの間はMacのSafariからブックマークするように気をつけていました。だけどしばらく使っていると、Macから追加したものでもiCloudで同期すると消せない項目が作られるようになったり、本来ブックマークしたページとは全然関係ないページに書き変わったりと、ストレスを感じることが多くなってきました。

手元で発生した事象は以下のような内容です。

  • iPhoneからブックマークすると空白のエントリが作られて消せない
  • iPhoneまたはMacからブックマークすると、iCloudと同期した時に意図しないページのブックマークで置き換えられる
  • Macでブックマークを操作すると、iCloudで同期した時にフォルダの名前やブックマークのURLが意図しないものに変わる

どうやら、意図しないブックマークに置き換わる現象は、iPhoneのSafariで新規タブを開いた時に表示される「よく閲覧するサイト」の中から選ばれているようでした。フォルダの名前が変わる現象も、このリストに含まれるタイトルが使われていました。

うまくいかなかった対策

以下に、試してみたけれど改善しなかった対策をまとめます。あくまで私の場合であって、症状によっては改善する場合もあると思います。

ブックマークの同期を外して、すぐに設定し直せば解決するという内容の記事。確かにこれをすると、消せないエントリは消えますが、次回以降のブックマーク追加時に状況は再現します。

症状が発生したら、フォルダを作り直すといいよという記事。これを試した結果、移動した先でも同じ症状が発生しました。

ブックマークの同期をしないように設定すると解決するよ、という記事。おそらくこの壊れる症状はiCloud側の問題だと思うので、この対策は結局のところ、次に同期したタイミングでまた壊れるように思います。

うまくいった方法

  1. MacのSafariでブックマークを書き出す
  2. Mac側でブックマークを全て削除してiCloudに同期
  3. 同期を解除の後、もう一度同期させてブックマークが消えたことを確認
  4. バックアップを復元してiCloudへ同期

これでiCloud側のデータをリセットできるそうです。3の手順では、最初は同期し直すとタイトルのないフォルダが残っていたので、確実に消えるまで何度か試した方がいいかもしれません。

また、ブックマークを復元すると「よく閲覧するサイト」も復活しますが、アイコンを長押しして「よく閲覧するサイト」も削除しておくといいでしょう。これで今のところ、ブックマークが壊れる現象は再現していません。

リーディングリスト等はiCloudの同期を解除しても残っていたので、管理は別になっている気がします。なので今回はリーディングリストを残したまま作業をしましたが、問題なさそうです。


iCloud Keychainをオフにした状態でキーチェーンアクセスを開くと、左上のリストに「ローカル項目」というキーチェーンが表示される。これ自体は消すこともリネームもできない。

ローカル項目はiCloud Keychainで同期するためのキーチェーンで、有効にしている場合はこの名前が「iCloud」に変わり、iCloud Keychainに同期される。iCloud Keychainは、「iCloud」キーチェーンだけ対象になる。iCloud Keychainを無効にすると「ローカル項目」となり、消せなくなる。

「ログイン」と「ローカル項目」のどちらに保存するかは、アプリ側の実装によるらしい。キーチェーンアイテムの種類がアプリケーションパスワードまたはWebフォームパスワードで、かつ kSecAttrSynchronizabletrue の場合に、保存先が「ローカル項目」になる。

iCloudを有効にしてしまうと、初回ログイン時にデフォルトでiCloud Keychainが有効になるため、このデザインはどうなんだろうと思う。


タイトル通り。知らなかったけれど、MacBookに標準で含まれるケーブルは充電のみしか対応していない。なので、ディスプレイに繋げても充電しかできず、画面は映らない。

ディスプレイに繋ぐためには、純正でいうとThunderbolt 3ケーブルを買う。純正以外では、USB 3.0対応のものを買えばいいらしい。PowerDelivery(PD)対応ならなお良い。


自分で診察に行って良いなと思った、または人から良いと聞いた病院のリスト。

耳鼻科

たなかクリニック。いつも混んでいる印象があって、過去2時間待ちとかもあったけど、とても丁寧に診察してくれる。突発性難聴でお世話になった。

眼科

盛岡眼科。とても丁寧らしい。

整形外科

江川整形外科。駅ビルのところは、あまり良い印象がないので、ヘルニアが痛む時や膝を痛めた時に行ってみる。済生会中津病院の紹介もしているらしい。


Bluetoothデバイスを追加するときに、PINコードを入力する必要があるけど、なぜか、本来は画面に表示されるべきPINコードがまったく表示されず、ペアリングができなくなる場合があった。

PIN code not shown

デバイス側のペアリング情報を削除しても変わらない。

この場合、設定アプリの「Bluetoothとその他デバイス」の画面下のほうにある「デバイスとプリンター」リンクを選び、コントロールパネル側の「デバイスとプリンター」画面を開く。次に、右クリックメニュー→デバイスとプリンターの追加を選んで作業を進める。途中でPINコードの入力が促されるので、テキストボックスの下にある「または、パスコードを接続先のデバイスで入力してください」リンクを開いて、そこから入力するといい。


ある人から愚痴を聞いて、その行為は異常だと思ったので調べた。最初は、束縛するという行為が若干強いのかなと思っていたけど、実際は人格障害の一種で治る見込みはないんだということがわかった。

どういった行為がモラハラに該当するのか

これをされたからモラハラだという明確な行為はない。しかし傾向としては、以下のような場合に可能性が疑われる。

  • 外面はよく見えるが被害者の前では怒鳴ったり罵ったりする
  • 結婚・出産を機に態度が豹変する
  • いつも機嫌が悪いわけではない
  • 友人や同僚と会うような外出が許されず異常に束縛が強い
  • 自分が優秀だと思っており他者を貶す
  • 被害者のためと言うが実際にやっていることはただの非難
  • 平気で嘘をつくが加害者は嘘だと気づいていない

個別の項目をみれば異常性を感じないかもしれないし冤罪だと騒ぐ人もいるかもしれないが、特徴的なのは加害者には悪意がない。加害者が不快に思わないことは被害者も思っていない、とか、被害者のために束縛する行為を喜んでいると信じ込んでいたりとか、加害者の意識としては攻撃しているわけではない。

  • 投影性同一視
  • 自己愛性パーソナリティ障害

これらが、加害者を表す精神分析用語らしい。

モラハラの何が問題なのか

加害者と被害者の関係は、コントロール・洗脳・主人と奴隷など刺激的な言葉で表されるように、意識するかしないかに関わらず、被害者の人権・人格を侵害している状態になる。

これは、誰でも被害者に選ばれるわけではなく、

  • 真面目
  • 空気を読む
  • 相手に合わせる
  • 責任感が強い
  • 罪悪感が強い

などの傾向がある人が選ばれる。

モラハラは結婚・出産・上司部下の関係など被害者が逃げられなくなった後に密室でのみ表面化する。それ以前は普通の人のように見えたので、被害者は虐待を受けると「自分が失敗したから今は機嫌が悪い」「もっと自分が努力すれば」と考えてしまう。しかし、どれだけ努力しても加害者は被害者をコントロールすることが目的なので、待遇が改善されることはない。

嫌なら言い返せとか、気にしなければいいとか言われることもあるけれど、話を聞けない人格障害者が相手なので打っても響かずに次第に疲れてしまうし、そもそも言い返すような人は被害者として選ばれない。

また、加害者の外面は良いので、周りの人からは良い人にしか見えておらず、被害者が相談をしても「良い人だと思う」「あなたも何か悪かったんじゃないか」といった一般的なアドバイスがされる。結果、被害者は自分が間違っているんだと思い込んで逃げられなくなっていく。

ひどい場合には被害者が病気になるけれど、それでさえ虐待の材料にしかならない。加害者の無意識下で行っていることなので、何が悪いのか理解ができないだけでなく、自分はよくやっていると本気で思い込んでいる。

被害を受けた場合にどうすればいいか

逃げるか距離を置くしかない。他の対策は、あくまで逃げられない場合にとる次善の行動。

加害者に病識があれば多少の改善は見込めるらしいが、ほとんどの場合は病識がないので治らない。加害者は被害者に対してあなたのためと言うが、本質は自尊心を満たすためでしかないので、普通の愛情や普通の信頼といったものは生まれない。

加害者が職場の上司なら、部署異動や転職する。配偶者なら、離婚または少なくとも別居した方が良い。言い過ぎだと思われるかもしれないが病気は治らないし、自分が病んだり人生を捧げたりする必要はない。

配偶者の場合は特に難しい。法律によってお互いの合意がなければ離婚できないことになっている。これは虚偽の申請で一方的な不利益を負うことを防ぐためだと思われるが、これが難しい。モラハラ加害者の場合は離婚を認めることが少ない。さらに、加害者は嘘をついたり、支離滅裂な発言をしたり、話し合いから逃げたりといった行為を繰り返すので、そもそも話し合いになることが少ない。また、被害者は虐待によって弱っているので、強く主張することが難しい場合がある。

協議離婚、調停離婚、離婚裁判の順で難易度が上がる。子供がいればさらに親権の問題が入って複雑になる。

援助者としての対応

  • 相手の話を聞くこと
  • 相手の話を否定しないこと
  • どうするかを本人に決めさせてあげること
  • はっきりと加害者が悪いと伝えること
  • セカンドハラスメントをしないこと

普通は、仲を取り持つように動きがちだけど、モラハラの場合はすぐに離れさせた方が良いとされる。上にも書いたが、一般的なアドバイスはかえって被害者を苦しめる結果になるので、話を聞いて共感してあげる、自分に自信がないような発言をした時も、それは違うと否定するのではなく、まずは理解するよう務めた方が良い。その上で、加害者によって抑圧されていた行動をしても大丈夫なんだと少しずつ回復してもらう。

加害者は人格障害者で、良くなる見込みが非常に少なく、愛情も一般的なものとは異なるという認識は忘れてはいけない。


忘れないように書いておく。

  • 寝起きに立てない
  • 寝返りがうてない
  • トイレで座れない
  • 洗面台は無理、痛みで中腰が維持できない
  • 靴下履けない
  • 電車で座った後に立てないし、ドア閉まるの早すぎる
  • 立ったまま待つと腰が痛む

立ち上がってしまえば、大体はなんとかなるけど。腰が痛くて体勢を変えたいのに変えようとすると痛むので動けないのがつらかった。

KADOTA, Kyohei

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store