最新コミットを求めて叫ぶ開発者ゾンビ!

本記事は、Loom Network, Where’s Your Whitepaper?(Dilanka McLovin) の翻訳です。万一誤訳などありましたらPrivate Note機能でお知らせ下さい。

ほぼ10年前にサトシ・ナカモトがビットコインの青写真を発表してから、ホワイトペーパーはほぼすべてのクリプトプロジェクトのベースとなっている。

もしご存知でなければ…

ホワイトペーパーとは、チームが何をビルドしようとしているのかを説明する、長くて詳細なドキュメントだ。

これは、(経済的または道徳的に)プロジェクトをサポートすることに関心を持つ可能性のある人々からの信用を促しつつ、創始者がプロジェクトに予定している内容をブロードキャストするというものだ。

問題なのは、ホワイトペーパーの99%は完全なゴミであるということだ。 オリジナルのビットコインイーサリアムのホワイトペーパーのような真価を持った技術的なドキュメントというより、むしろそれは単に無知な大衆を不当に利用するためのマーケティング戦略として使われている

何百万ドルもの資金を調達しておきながら、ホワイトペーパーで最初約束されていたような動くプロダクトがまだない、あなたはそんなプロジェクトがたくさんあることをすでによくご存知だろう。

ホワイトペーパーよりも、路上の霊能者の予測の方が高い確率となるでしょう。

それだけではなく、ホワイトペーパーを書くことは、顧客を全く持たない初期段階のスタートアップが5年間の事業計画を立てるようなものだ。

製品の市場適合性をまだ確立していないときに、最終製品がどうなるかを企業がパーフェクトな精度で知ることはできるだろうか?


どんどん増えつつある我らがオーディエンスからよくある質問は“ホワイトペーパーはどこにありますか?” というものだ🤔

それに加えて、多くの人々はここLoom Networkでの我々のエートスに困惑している。

そう、こういうことだ…

Loom Networkはホワイトペーパーを持たない、それはLoom Networkはコードを届けるので忙しすぎるからだ。

最終的なプロダクトがどんなものかを完全に理解しつつ、0日目に魔法の洞窟から出てくるなんて人はいない。プロダクト(または何かのシステム)を構築するベストな方法は、早く届け、頻繁に届け、そして実際のユーザーのフィードバックを基にインタラクティブに改良することだ

現実世界の例をあげると…

パリのような大都市の地図を見てみると、見苦しく無秩序で、かなりごちゃごちゃに見える:

パリは上から見るとぐちゃぐちゃのスパッゲティーモンスターみたいだ。

反対に、ブラジリアのような都市を見ると、モダンで秩序正しく、とてもきちんとして見える:

ブラジリアはいい感じだ。上品でシンメトリックだ。

デザインの観点から、どちらの都市がより良いと思うか?

選ばなければならないとしたら、どこに住みたいだろうか?

テイラー・ピアソンはこの例(James Scottにより最初に提案された)を挙げることで、システムの進化に関する興味深い視点を強調した。

パリとブラジリアのアプローチにおける違いは、今日ビルドされている初期のブロックチェーン技術を不思議と思い起こさせる:

これは、パーフェクトな計画で何かを構築すること(ブラジリア)と、そこに住む人々の確かなニーズに応えるために何かを有機的に発展させること(パリ)との違いだ。

ブラジリアの場合、要するにこれはトップダウンの集中化された計画である。

…そしてパリは、つまりボトムアップの有機的な発展だ。

Loom Networkでは、ブロックチェーンのブラジリアではなくパリを構築している。

テクニカル的にいうと、この現象はゴールの法則と呼ばれる。

では、上の例はどういった理由で重要なのか?

なぜならこの例はクリプトネットワークを一般的に説明しているだけでなく、Loom Networkで全てのプロダクトをエンジニアリングして設計するのと基本的に同じアプローチであるためだ

プロダクトを構築する前に「パーフェクトな」青写真を描く代わりに、我々の青写真は最小限で実現可能なプロダクトの形をとっており、現実世界のデータに基づき有機的に発展していくものだ。

これはブロックチェーンにおいて、デレク・シヴァーズによるキャンパスの歩道の例に相応するものである。この例とは、新しいカレッジのキャンパスに歩道を作らずに、ある教授が草が減っているところ(学生たちが自然に歩いているところ)を見て、そのあとでその道を舗装するというアイディアを出したというものだ。

歩道を前もってプランニングする代わりに、学生が自ずと歩んでいて草がなくなっている場所を観察した後で、歩道を舗装したという例だ。

これは、トップダウンで中心的に計画された「完璧なソリューション」と、ボトムアップでのシステムの有機的な進化における違いである。

シヴァーズ曰く:


我々が絶対ホワイトペーパーを書かない理由

最近のDelegateCall(世界初の DAppチェーンアプリ)とLoom SDKリリース後、たくさんのフィードバックを得ることとなった。

ほとんどのみなさんが我々の取り組みを気に入ってくれていることを知り、大変嬉しく思っている。

また一部の方々が厳しくよく考えられた批評を送ってくださったことにも大変感謝している。

率直で、フィルタリングされていないフィードバックは、最終的に質の高いエンジニアリングに(まとまって)変換される。なぜならそれらは以前考慮していなかった異なるシナリオについて考えさせてくれるからだ。

だから感謝している

要点をまとめよう…

WithLoom Network設立から最初の6ヶ月の間に、我々は3つの主要なプロダクト(CryptoZombies, DelegateCallそしてEthFiddle)をリリースした。全部R&Dやホワイトペーパーなしで、煮え切らないエンジニア志望者集団のようにぶらぶらすることもなかった

忙しい港によく似ているが、我々のほとんどの時間は、実際使われるものをお届けすることにフォーカスしている。

これにより、我々は現実世界で仮説をテストし、フィードバックを集め、より素早いイテレーションを行うことが可能になるのだ。

ローマは一日にして成らず、エジプトは一つの石で一度に作られた ーそして我々が構築している技術も同じ道を辿っているのだ。

このことがまさに、次のスローガンが我々のウェブサイトにある理由だ。:

We don’t write whitepapers. We ship product.

もしあなたがホワイトペーパーについて我々に聞いたことがあって(特にTelegramのチャットで)、「ホワイトペーパーはありません」という回答に呆然としてしまったのならー今その理由はおわかりだろう 😉


Loom Network は、イーサリアムのハイスケーラブルなDPoSサイドチェーン構築のためのプラットフォームで、大規模ゲームやソーシャルアプリにフォーカスしています。

さらなる情報は こちらから.

あなたがブロックチェーンゲームのファンであれば、 Zombie Battlegroundをチェック!世界初・独自のブロックチェーン上でフルに稼働するPC & モバイルカードゲームです。

そしてもしこの記事をお楽しみいただけ、最新情報の受け取りをご希望であれば、私たちの プライベートメーリングリストへの登録や、TelegramTwitterGithubQiitaのフォローをお願いします!

Loom Network JP

イーサリアムサイドチェーン上で稼働する大規模なアプリケーションプラットフォームを開発しています。 https://loomx.io/

Loom Network Japanese

Written by

Loom Networkは、ゲームやソーシャルアプリを中心としたEthereum DAppsのためのスケーリングソリューションを提供します。http://loomx.io/

Loom Network JP

イーサリアムサイドチェーン上で稼働する大規模なアプリケーションプラットフォームを開発しています。 https://loomx.io/

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade