WingArc1st Inc.
Published in

WingArc1st Inc.

ScrumFest新潟2022の端っこの裏側で

スクラムフェス新潟2022の思い出#3

こんにちは。QAをやっているKichimaです。

先日ScrumFest新潟が開催され、参加してきました。当日は現地でゆっくり拝聴する予定でしたが、なぜかスポンサーLTでバカボンのパパをやらせていただくことになりました。そうそうあることでないので、これを記念して私自身のドタバタを書きたいと思います。
セッションの内容には触れませんが、「そんなことがあったのかー」程度に読んでいただければと思います。

Photo by kicchan

開催4日前 9時

いまからZoom入れますか?とメッセージをもらう。
なにか急ぎの仕事かな、と思ってZoomに入る。

依頼は突然に

そこには荒川さん(@arakawaii)と、じゅんぺーさん(@sadonosake)がいて、ScrumFestの企業セッションのLTでこういう劇をやるんですよね、と説明をし始める。
ウイングアークがScrumFest新潟のスポンサーなので、みんなが楽しめるイベントを企画していたそう。
面白そうだなと思いつつ、なぜ今そんな話をするのか?。。。嫌な予感がした。

「吉間さん、バカボンのパパをやってくれない?」と。

そうきましたか。

「楽しそうですね。やってみます!」

じゅんぺーさんが困っているみたいなので協力してあげたいし、何事にも挑戦する勇気は持ちたい。

午後

よさそうな腹巻きを探す。

近くのドラッグストアを覗いてみるが、季節が違うのか売っておらず。

楽天で良さそうなものを見つけたのでポチる。
腹巻きを真剣に選んだのは人生初。いや買ったのが人生初だ。

バカボンのパパをやる方は、こちらの商品がおすすめ。人生初だけど。

開催3日前

まめな情報共有はかかせない。

情報共有

バカボンのパパは時代によって声優が違っていて、どれにするか迷う。
一番しっくりしたのは「元祖天才バカボン」だったので、これを採用する。

開催2日前

届いたマーカーで顔にペイントしてみる。
妻にはそっくりと言われ笑われる。
その後「どうせやるなら本気で」という、家庭内で意見の一致をみた。

バカボンのパパをやる方は、こちらの商品がおすすめ。初めて使うけど。

役のクオリティを上げるために「元祖天才バカボン」を何度も視聴する。

開催前日

劇団クリエーションライン様とのZoomでの打ち合わせ。
シナリオを読み合わせ、予行練習をする。
クリエーションラインの方々は、目がキラキラしているのが印象的。
どんなことであっても手を抜かない。その姿勢は尊敬に値する。
私もこうでありたい。

じゅんぺーさんから「明日早く来れる?」との連絡が。
受付を頼みたいらしい。
頼られるのは嬉しい。OKの返事する。

前日の夜の依頼

開催 一日目

リハーサル中にダニエルさんがやってきて手品をしてくれた。
Happyな気持ちになる。

(写真をとればよかった)

約得。

夕方

ついにScrumFest新潟が始まる。
舞台袖に引っ込み、準備をしてまつ。

バカボンのパパの準備中 Photo by 劇団クリエーションライン

会場の注意事項の説明ののち、出番になった。

そしてスポンサーLTの開演。

無事、初めての舞台をやりきった。
この日の夜のYK35は格別だった。

開催二日目

朝、じゅんぺーさんからメッセージがはいる。

朝の依頼

ツタヤが開くまで試し印刷を済ませておく。これで準備万端。
時間が余ったので、スポンサーブース向けのポスターを会場に届けに行く。

9時

小原さん(@ohara.y)が申し出てくれて、名刺用カードを買ってきてくれた。いつも面倒なことでも率先してやってくれる。頼もしい。

私が印刷をした後、その後小原さんが会場まで届けてくれた。
チームワークの良さがにじみ出る。感謝。

お昼

二日目は荒川さんがバカボンのパパを演じた。
実は一日目と二日目のバカボンのパパは別人。

荒川さんの様子 Photo by WingArc.

1日目から改善してクオリティが上がっている。

午後

現地に戻り、ようやく落ち着いてセッションを見ることができた。

セッションの感想は別記事にて。

夜のYK35はやはり美味しかった。
来年もこのお祭りを楽しみたい。

--

--

Our mission as a data empowerment company. Dramatically expands data utilization possibilities, from operational reforms to social issue solutions.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
Masakazu Kichima

Masakazu Kichima

5 Followers

エンジニア。QA、Webのバックエンド、CI/CDのインフラ構築などをやっています。Certified ScrumMaster/ 2nd class Qualified Certified Electrician