Go to 建築討論
About
建築討論
建築をめぐる幅広い批評的議論のプラットフォームを提供する日本建築学会のウェブマガジンです。
Note from the editor

建築をめぐる幅広い批評的議論のプラットフォームを提供する日本建築学会の月刊ウェブマガジンです。

Editors
Go to the profile of KT editorial board
KT editorial board
建築討論委員会(けんちくとうろん・いいんかい)/『建築討論』誌の編者・著者として時々登場します。また本サイトにインポートされた過去記事(no.007〜014, 2016-2017)は便宜上本委員会が投稿した形をとり、実際の著者名は各記事のサブタイトル欄等に明記しました。
Go to the profile of 青井 哲人 AOI, Akihito
青井 哲人 AOI, Akihito
あおい・あきひと/建築史・建築論。明治大学教授。単著『彰化一九〇六』『植民地神社と帝国日本』。共編著『津波のあいだ、生きられた村』『明治神宮以前・以後』『福島アトラス』『近代日本の空間編成史』『モダニスト再考』『シェアの思想』『SD 2013』『世界住居誌』『アジア都市建築史』ほか
Go to the profile of 小見山陽介
小見山陽介
こみやま・ようすけ/1982年生まれ。構法技術史・建築設計。京都大学助教/エムロード環境造形研究所。著作:「CLTの12断面」(『新建築』連載)ほか。作品:「榛名神社奉納額収蔵庫&ギャラリー」ほか。
Go to the profile of 山田憲明
山田憲明
やまだ・のりあき/山田憲明構造設計事務所代表取締役/単著『ヤマダの木構造』。共著『構造ディテール図集』/第22回JSCA賞作品賞(国際教養大学図書館棟)。第7回日本構造デザイン賞(東北大学エコラボ)。
Go to the profile of 松田達
松田達
まつだ・たつ/1975年石川県生まれ。建築家。建築計画・都市計画史。武蔵野大学工学部建築デザイン学科専任講師/1999年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。隈研吾建築都市設計事務所を経て、パリ第12大学パリ都市計画研究所にてDEA課程修了。東京大学先端科学技術研究センター助教を経て現職。
Go to the profile of 川井操
川井操
かわい・みさお/1980年島根県生まれ。アジア都市研究・建築設計・建築計画。滋賀県立大学環境科学部准教授。2005~2006年、2011~2013年に中国で建築設計実務に携わる。
Go to the profile of 中島伸
中島伸
なかじま・しん/1980年東京都生まれ。東京都市大学都市生活学部講師。2013年東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了、博士(工学)、専門:都市計画史、都市デザイン、景観まちづくり
Go to the profile of 榊原充大
榊原充大
さかきばら・みつひろ/建築家、リサーチャー。1984年愛知県生まれ。2007年神戸大学文学部人文学科芸術学専修卒業。建築や都市に関する調査・取材・執筆、提案、ディレクションなど、編集を軸にした事業を行う。2008年建築リサーチ組織RADを共同で開始。
Go to the profile of 市川紘司
市川紘司
いちかわ・こうじ/1985年生まれ。建築史・建築論。博士(工学)。明治大学理工学部建築学科助教。著書に『中国当代建築──北京オリンピック、上海万博以後』(編著、フリックスタジオ)など。『世界』(岩波書店)にて中国近現代建築文化論を連載中
Go to the profile of 建築と戦後70年
建築と戦後70年
戦後建築史小委員会 メンバー| 青井哲人・橋本純・辻泰岳・市川紘司・石榑督和・佐藤美弥・種田元晴・浜田英明・藤賀雅人・石井翔大・砂川晴彦
Go to the profile of GENKI UNNO
GENKI UNNO
1988年東京生まれ。早稲田大学大学院卒。竹中工務店環境・設備設計者。
Go to the profile of 笠置秀紀
笠置秀紀
1975年東京生まれ。建築家。日本大学藝術学部修了。2000年より宮口明子とmi-ri meterとして活動。近作に「URBANING_U」「清澄白河現在資料館」などがある。2014年に設立した株式会社小さな都市計画では「SHINJUKU STREET SEATS」など公共空間に関わるプロジェクトを多く手がける。
Writers
Go to the profile of KT editorial board
KT editorial board
建築討論委員会(けんちくとうろん・いいんかい)/『建築討論』誌の編者・著者として時々登場します。また本サイトにインポートされた過去記事(no.007〜014, 2016-2017)は便宜上本委員会が投稿した形をとり、実際の著者名は各記事のサブタイトル欄等に明記しました。
Go to the profile of 磯 達雄
磯 達雄
いそ・たつお/建築ジャーナリスト。共著書:『昭和モダン建築巡礼』、『ポストモダン建築巡礼』、『ぼくらが夢見た未来都市』ほか。
Go to the profile of 権藤智之
権藤智之
ごんどうともゆき/東京大学工学部建築学科特任准教授。1983年香川県生まれ。日本学術振興会特別研究員、首都大学東京准教授を経て、2017年4月より現職。専門はアジアを中心とした住宅生産、プレハブ構法などの技術史。共著に「箱の産業」(彰国社、2013年)。
Go to the profile of 伊藤 暁
伊藤 暁
いとう・さとる/建築家。伊藤暁建築設計事務所。東洋大学准教授。主な作品:WEEK神山、横浜の住宅、筑西の住宅 ほか 主な受賞:SDレビュー2013入選、東京建築士会住宅建築賞、神奈川建築コンクール優秀賞、ベネチアビエンナーレ国際建築展特別表彰 ほか。
Go to the profile of 隈 太一
隈 太一
くま・たいち/建築家。 1985年東京都生まれ。 2014年シュツットガルト大学マスターコースITECH修了。 2016​年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了​。 2017年よりアメリカ、ニューヨークの設計事務所勤務。
Go to the profile of 浦部智義
浦部智義
うらべ・ともよし/日本大学准教授。建築計画・施設計画。著書:『木造仮設住宅群-3.11からはじまったある建築の記録-』、『建築計画を学ぶ』、『劇場空間への誘い』ほか。作品:『地形舞台』『ロハスの家3』、『希望ヶ丘プロジェクト』ほか。
Go to the profile of 千種成顕
千種成顕
ちぐさ・なりあき/1982年東京都出身。2008年東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。NAP建築設計事務所を経て、2012年東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻修了。中国寧波市での2年間の設計事務所勤務を経て、2015年からICADA共同主宰。
Go to the profile of 長谷川新
長谷川新
はせがわ・あらた/1988年生まれ。インディペンデント・キュレーター。京都大学卒業。主な企画に「パレ・ド・キョート / 現実のたてる音」(2015)、「クロニクル、クロニクル!」(2016–17)、「不純物と免疫」(2017–2018)など[ポートレート撮影:加藤甫]
Go to the profile of 連勇太朗
連勇太朗
むらじ・ゆうたろう/1987年生まれ。建築家。モクチン企画代表理事。慶應義塾大学大学院SFC特任助教。著書に『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』(学芸出版社)ほか。
Go to the profile of 林憲吾
林憲吾
はやし・けんご/1980年兵庫県生まれ。アジア建築・都市史。東京大学生産技術研究所講師。博士(工学)。インドネシアを中心に近現代建築・都市史やメガシティ研究に従事。著書に『スプロール化するメガシティ』(共編著、東京大学出版会、2017)、『衝突と変奏のジャスティス』(共著、青弓社、2016)ほか
Go to the profile of 砂山太一
砂山太一
すなやま・たいち/1980年京都府生まれ。美術家、建築家、プログラマー、研究者。専門は、デジタル技術を介した制作手法論。博士(芸術)。京都市立芸術大学美術学部専任講師。主な企画展に「マテリアライジング展 情報と物質とそのあいだ」(2013–2015)。「フィットネス | ftnss.show」(2016)など
Go to the profile of 吉本憲生
吉本憲生
よしもと・のりお/1985年大阪府生まれ。専門は、近代都市史、都市イメージ、都市空間解析研究。2014年東京工業大学博士課程修了。同年博士(工学)取得。横浜国立大学大学院Y-GSA産学連携研究員(2014–2018年)を経て、現在、日建設計総合研究所勤務。2018年日本建築学会奨励賞受賞。
Go to the profile of 高田雅士
高田雅士
たかだ・まさし/1991年茨城県生まれ。日本学術振興会特別研究員(DC1)、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程。専門:日本近現代史、文化運動史、史学史。
Go to the profile of 辻泰岳
辻泰岳
つじやすたか/建築史・美術史。1982年生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員、コロンビア大学客員研究員などを経て現在、慶應義塾大学特任助教。芝浦工業大学非常勤講師。
Go to the profile of 逆井聡人
逆井聡人
さかさい・あきと/1986年千葉県生まれ。日本近現代文学。博士(学術)。東京外国語大学特任講師。論文に「原罪に代わるもの:戦後道徳と荒正人」(『言語態』、言語態研究会)など。
Go to the profile of 中村健太郎
中村健太郎
なかむら・けんたろう/建築家、プログラマ。1993年大阪府生まれ。2016年慶應義塾大学SFC卒。専門はアルゴリズミック・デザイン。学生時代より批評とメディアのプロジェクトRhetoricaに携わる。現在はNPO法人モクチン企画にて建築設計・システム開発に従事。
Go to the profile of 大西麻貴
大西麻貴
おおにし・まき/1983年愛知県生まれ。建築家。大西麻貴+百田有希 / o+h共同主宰。横浜国立大学大学院Y-GSA客員准教授。主な作品:「二重螺旋の家」(2011)、「Good Job! Center KASHIBA」(2016)ほか。主な著作:『8 stories』(共著、LIXIL出版、2014)ほか
Go to the profile of 菅野昌信
菅野昌信
建築士。放射能からきれいな小国を取り戻す会事務局長。1955年生まれ。日本大学工学部卒業。
Go to the profile of 谷亮治
谷亮治
たに・りょうじ/1980年大阪生まれ。博士(社会学)。京都市まちづくりアドバイザー。代表作に『モテるまちづくり−まちづくりに疲れた人へ。』『純粋でポップな限界のまちづくり−モテるまちづくり2』(いずれも、まち飯叢書)。
Go to the profile of 泉英明
泉英明
いずみ・ひであき/都市プランナー、有限会社ハートビートプラン代表。高松、下関、なんば、西梅田、豊田、岡崎のまちなか再生や公共空間のプレイスメイキング、工業地域の住工共生まちづくり、北浜テラス・水都大阪等水辺空間のリノベーション、長門湯本温泉街の再生などに関わる。著書に『都市を変える水辺アクション』(共編著、学芸出版社)
Go to the profile of 坂和章平
坂和章平
さかわ・しょうへい/1949年生まれ。1971年大阪大学法学部卒業。1974年弁護士登録。1980年代から大阪モノレール訴訟、阿倍野再開発訴訟など、全国の都市開発に関わる訴訟を多数手がける。阪神・淡路大震災に際しては、芦屋中央地区まちづくり協議会顧問として復興に携わる。都市計画法など著書多数。
Go to the profile of 天米一志
天米一志
あまめ・かずし/株式会社GPMO取締役副社長(兼)グローカル研究事業部執行役員。1965年香川県生まれ。1990年から2012年まで香川県まんのう町勤務。包括的公共施設管理の手法や新しいPFI手法導入等の官民連携事業の実務経験を有している。2017年から大阪大学COデザインセンター非常勤講師。
Go to the profile of 橋本圭央
橋本圭央
はしもと・たまお/高知県生まれ。建築家、日本福祉大学建築バリアフリー専修助教。東京藝術大学・法政大学・明治大学等非常勤講師。最近の作品に「デ/リタッチ:不協和音の庭」(ADAN06, ‘17)、論文に「The Polyrhythmic-scape of the City」(CL_MAJ17, ’18 )など
Go to the profile of 藤田直哉
藤田直哉
ふじた・なおや/1983年札幌生まれ。東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻修了。博士(学術)。著書に『虚構内存在』『シン・ゴジラ論』(作品社)『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)、編著に『地域アート 美学/制度/日本』(堀之内出版)『3・11の未来 日本・SF・創造力』(作品社)『東日本大震災後文学論』(南雲堂)など
Go to the profile of 田中陽明
田中陽明
たなか・はるあき/学士(建築)・修士(政策・メディア)。春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役。2003年にクリエイター専用のシェアオフィス「co-lab」の企画運営事業を開始し、現在は都市の大型施設開発におけるブランディング業務や企業・行政の複雑な課題に応じた集合知によるクリエイティブ・ディレクションを行う。
Go to the profile of ぼっこでっこ建築隊
ぼっこでっこ建築隊
ぼっこでっこ建築隊とは、建築家が設計した住宅に酒と料理を持参し、食事のひとときを通じて住空間をも味わおうと目論むパーティである。 隊員:矢部達也(隊長)、岡文右衛門、奥和田健、太田康仁、石井良平(顧問)
Go to the profile of 篠原雅武
篠原雅武
哲学者。神奈川県生まれ。1999年京都大学総合人間科学部卒。2004年同大学院人間・環境学研究科博士課程単位指導認定退学。博士(人間・環境学)。現在、京都大学非常勤講師。主な著書に『人新世の哲学: 思弁的実在論以後の「人間の条件」』人文書院 (2018)、『生きられたニュータウン -未来空間の哲学-』青土社 (2015
Go to the profile of 建築作品小委員会
建築作品小委員会
建築作品小委員会では、1980年生まれ以降の建築家・研究者によって、具体的な建築物を対象にして、現在における問題意識から多角的に建築「作品」の意義を問うことを試みる。
Go to the profile of 常山未央
常山未央
建築家。2008年スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)修士課程修了。2008–12年HHF Architects スイス・バーゼル。主な作品=《不動前ハウス》(SDレビュー2013入選、2015年住宅建築賞)。第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築出展(審査員特別賞)。
Go to the profile of 土居義岳
土居義岳
どい・よしたけ/1956年生まれ。九州大学大学院教授。建築史。フランス政府公認建築家。著書に『知覚と建築』(2018年度日本建築学会著作賞)『アカデミーと建築オーダー』(中央公論美術出版)、『言葉と建築』(建築技術社)、『建築と時間』(磯崎新との共著、岩波書店)など。訳書にラヴダン『パリ都市計画の歴史』(中央公論美術出
Go to the profile of 西澤徹夫
西澤徹夫
にしざわ・てつお/1974年生まれ。建築家、西澤徹夫建築事務所主宰。東京藝術大学・日本女子大学非常勤講師。主な作品に「東京国立近代美術館所蔵品ギャラリーリニューアル」、「西宮の場合」、「窓学展」(会場構成)、「京都市美術館再整備計画」(進行中)、「八戸新美術館」(進行中)など
Go to the profile of 黒瀬陽平
黒瀬陽平
黒瀬陽平|くろせ ようへい 1983年生まれ。美術家、美術批評家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。2010年から梅沢和木、藤城嘘らとともにアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を結成し、展覧会やイベントなどをキュレーションしている。著書に『情報社会の情念』(NHK出版、2013年)。
Go to the profile of 五十嵐太郎
五十嵐太郎
いがらし・たろう/1967年パリ生まれ。工学博士、東北大学大学院工学研究科教授。建築史・建築批評家。 第11回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示コミッショナーを務める。著書に『現代日本建築家列伝』(河出書房新社、2011年)、『日本建築入門』(筑摩書房、2016年)ほか。
Go to the profile of 吉村有司
吉村有司
よしむら・ゆうじ/1977年愛知県生まれ。建築家、マサチューセッツ工科大学建築・都市計画学部研究員、ルーヴル美術館リサーチ・パートナー。バルセロナ都市生態学庁、カタルーニャ先進交通センター勤務などを経て、2017年から現職。ポンペウファブラ大学大学院情報工学科博士課程修了、「地中海ブログ」主宰。
Go to the profile of 助川剛
助川剛
すけがわ・たけし/1969年生。中国美術学院建築芸術学院教授。1993年東京藝術大学美術学部建築科卒業。1996年同大学大学院美術研究科修士課程修了。1996–2008年磯崎新アトリエ。2001年より中国駐在、深圳文化中心などを担当。2006年サイトワークス設立。作品に《青城山CHINART城市計画》ほか。
Go to the profile of 山形浩生
山形浩生
やまがた・ひろお/1964年、東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務のかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで、広範な分野での翻訳と執筆活動を行なう。著者に『新教養主義宣言』(河出文庫)など、訳書にピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)など多数。
Go to the profile of 小野田泰明
小野田泰明
おのだ・やすあき/1963年金沢市生まれ、東北大学大学院工学研究科教授、博士(工学)、一級建築士、建築計画者。せんだいメディアテーク等多くの先駆的事業に参画。東日本大震災後は復興実務に従事。作品に苓北町民ホール(日本建築学会賞(作品)阿部仁史と共同)他、著作に「プレ・デザインの思想」TOTO出版(日本建築学会著作賞)他
Go to the profile of 金田泰裕
金田泰裕
yasuhirokaneda STRUCTURE主宰。A.S.Associates、Bollinger+Grohmann Parisを経て、2014年に独立し、現在はデンマーク拠点。近作に、Todoroki House in Valley(設計:田根剛)、白山町・珈琲店(設計: 大室佑介)など。
Go to the profile of 桝田洋子
桝田洋子
1959年大阪府生まれ。京都工芸繊維大学工芸科学研究科修士課程修了。(有)川崎建築構造研究所を経て、(有)桃李舎を設立。代表取締役。JSCA賞作品賞、日本構造デザイン賞、日本建築学会作品選奨などを受賞。
Go to the profile of 北茂紀
北茂紀
1977年大阪府生まれ。2000年近畿大学理工学部卒業。2000~2003年意匠設計事務所。2004~2006年青年海外協力隊員としてジンバブエ国へ赴任。2007~2010年日本大学大学院前期博士課程。2010~2014年増田建築構造事務所。2014~北茂紀建築構造事務所設立。ものつくり大学、日本大学大学院非常勤講師。
Go to the profile of 橋本健史
橋本健史
はしもと・たけし/1984年兵庫県生まれ。2010年横浜国立大学大学院Y-GSA修了。2011年403architecture [dajiba]設立。2017年橋本健史建築設計事務所設立。建築作品に《海老塚の段差》《富塚の天井》《代々木の見込》ほか。著作に『建築で思考し、都市でつくる』(LIXIL出版、2017年)など
Go to the profile of 謝英俊+永岡武人(常民建築)
謝英俊+永岡武人(常民建築)
シャ・エイシュン(Hsieh Ying-Chun)/1954年台中生まれ。1977年淡江大学卒業。2018年ベネチア・ビエンナーレ参加。2011年カリー・ストーン賞受賞。ながおか・たけと/1984年広島生まれ。2007年山口大学卒業。tecoLLC.、北京新領域創成城市建築設計諮詢有限責任公司を経て2014年〜常民建築
Go to the profile of 阮慶岳
阮慶岳
ゲン・ケイガク(Roan Ching-yueh)/1957年生まれ。小説家、建築家、建築批評家。元智大学芸術デザイン学科教授。主な小説作品に『林秀子一家』『凱旋高歌』『黄昏的故郷』、主な建築書に『弱空間:従道德経看台湾当代建築』『下一個天際線:当代華人建築考』など多数。
Go to the profile of 何哲+ジェームス・シェン+臧峰(衆建築)
何哲+ジェームス・シェン+臧峰(衆建築)
カ・テツ(He Zhe)、James Shen、ゾウ・ホウ(Zang Feng)/2010年に建築ユニット「衆建築」(People’s Architecture)を共同設立。「大衆のための設計」を主題として、プレファブ建築やプロダクトデザインを実践している。主な作品に「内盒胡同」「小樊的挿件家」「衆空間」など。
Go to the profile of 朱競翔
朱競翔
シュ・キョウショウ(Zhu Jingxiang)/1972年生まれ。建築家。香港中文大学建築学院副教授。元遠建築科技発展有限公司主宰。1999年東南大学建築研究所博士号取得。同研究所講師、副教授を経て、2004年より現職
Go to the profile of 木内 俊克
木内 俊克
きうちとしかつ/1978年生まれ。東京大学建築学専攻修了後、Diller Scofidio+Renfro(2005–2007, New York)、R&Sie(n)(2007–2011, Paris)勤務。2012年木内俊克建築計画事務所設立。代表作に都市の残余空間をパブリックスペース化した『オブジェクトディスコ』。
Go to the profile of 渡辺真理
渡辺真理
わたなべ・まこと/法政大学デザイン工学部教授、設計組織ADH共同代表。1950年生まれ。1977年京都大学大学院修了。 1979年ハーバード大学デザイン学部大学院修了。磯崎新アトリエを経て、設計組織ADHを設立。主な建築作品に「真壁伝承館」、主な著作に『集合住宅をユニットから考える』(木下庸子との共著)など。
Go to the profile of 清野隆
清野隆
せいの・たかし/1978年山梨県生まれ。江戸川大学社会学部准教授、一般財団法人エコロジカル・デモクラシー財団理事。2008年東京工業大学社会理工学研究科社会工学専攻修了、博士(工学)。専門は、コミュニティデザイン、都市農村計画、観光まちづくり。著書に『住み継がれる集落をつくる』(共著、学芸出版社、2017)ほか。
Go to the profile of 渡邉義孝
渡邉義孝
わたなべ・よしたか/1966 年生まれ。一級建築士、尾道市立大学非常勤講師。保線工、型枠工等を経てアユミギャラリー入所。04年独立。住宅設計の他、文化財調査、民家再生等に従事。NPO 尾道空き家再生プロジェクト理事。著書に『風をたべた日々』(日経BP社)、共著に『深刻化する「空き家」問題』(日弁連)ほか。
Go to the profile of 窪田亜矢
窪田亜矢
くぼた・あや/1968年東京都生まれ。東京大学工学部都市工学科特任教授、地域デザイン研究室・復興デザイン研究体。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)、一級建築士。
Go to the profile of 劉一辰
劉一辰
りゅう・いいちぇん/1985年中国天津市生まれ。都市計画、都市史、建築史。筑波大学大学院 生命環境科学研究科 持続環境学専攻修了。博士(環境学)、豊橋技術科学大学建築・都市システム学系助教。論文に『中国天津における原英租界の開発』(日本建築学会計画系論文集、2015年、2017年度建築学会奨励賞受賞)ほか。
Go to the profile of 諸富徹
諸富徹
京都大学大学院経済学研究科/地球環境学堂教授。1968年生まれ。1998年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官、ミシガン大学客員研究員、内閣府「経済財政諮問会議」専門委員などを歴任。著書に『人口減少時代の都市』中公新書(2018年2月)など多数。
Go to the profile of 田村誠邦
田村誠邦
㈱アークブレイン代表取締役、明治大学研究・知財戦略機構特任教授。1954年生まれ。東京大学工学部建築学科卒業 博士(工学)、一級建築士、不動産鑑定士。マンション建替え・建築再生等、各種建築プロジェクトのコンサルティングを専門とする。
Go to the profile of 楊光耀
楊光耀
やん・こうよう/1993年中国西安市生まれ東京育ち。東京大学工学系研究科建築学専攻修士課程隈研吾研究室在籍。建築設計、建築理論(設計プロセス論)、近現代建築史。建築研究会Many Conference共同運営。現在、多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員。
Go to the profile of 楊光耀
楊光耀
やん・こうよう/1993年中国西安市生まれ、東京育ち。東京大学工学系研究科建築学専攻修士課程隈研吾研究室在籍。建築設計、建築理論(設計プロセス論)、近現代建築史。建築研究会Many Conference共同運営。現在、多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員。
Go to the profile of 山口一剛
山口一剛
京都信用金庫伏見支店長。1967年京都市生まれ。同志社大学(教育学専攻)卒業。京都大学ELP修了。1990年京都信用金庫入庫。業務部等を経て2015年朱雀支店長、2018年より伏見支店長。『朱雀協働計画』チャーターメンバー。
Go to the profile of 難波 和彦
難波 和彦
なんばかずひこ/1947年生まれ。建築家。東京大学名誉教授、放送大学客員教授。難波和彦・界工作舍代表、工学博士。主な作品に「箱の家」シリーズ 1〜100(1994–2004年)、《なおび幼稚園》(2004年)など。近年の著書に『メタル建築史 - もう一つの近代建築史』(SD選書)など。
Go to the profile of 石榑督和
石榑督和
いしぐれまさかず/1986年岐阜生まれ。建築史・都市史。博士(工学)。鉄道ターミナル周辺の都市史をテーマに、闇市、マーケット、民衆駅などの研究に取り組む。雑誌『商店建築』にて「東京ヤミ市建築史」を連載中。東京理科大学工学部建築学科助教、ツバメアーキテクツ。
Go to the profile of 笠置秀紀
笠置秀紀
1975年東京生まれ。建築家。日本大学藝術学部修了。2000年より宮口明子とmi-ri meterとして活動。近作に「URBANING_U」「清澄白河現在資料館」などがある。2014年に設立した株式会社小さな都市計画では「SHINJUKU STREET SEATS」など公共空間に関わるプロジェクトを多く手がける。
Go to the profile of 藤村龍至
藤村龍至
ふじむらりゅうじ/1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2016年より東京藝術大学准教授。 主な建築作品《すばる保育園》(2018)、《鶴ヶ島太陽光発電所環境教育施設》(2014)他。主な著書『ちのかたち 建築的思考のプロトタイプ』
Go to the profile of 矢部恒彦
矢部恒彦
法政大学社会学部准教授、2017年度オレゴン大学名誉准教授、ポートランドに家族とともに滞在し参与観察。『住んで協働してわかった「米国オレゴン州ポートランドのまちづくり」の仕掛けと、ぼくたちへのヒント』kindle版公開中(99円)
Go to the profile of 青木彬
青木彬
インディペンデント・キュレーター/1989年東京生まれ。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。2016年から墨田区にてオルタナティブ・スペースspiidを主宰。「黄金町バザール2017」アシスタントキュレーター。「ファンタジア!ファンタジア! — 生き方がかたちになったまち — 」ディレクター。
Go to the profile of 粟津賢太
粟津賢太
あわづ・けんた/1965年生まれ。1997–98年英国エセックス大学社会学部大学院留学。1999年創価大学大学院博士課程単位取得。博士(社会学)。国立歴史民俗博物館、南山大学宗教文化研究所を経て、現在、上智大学グリーフケア研究所研究員。著書『記憶と追悼の宗教社会学―戦没者祭祀の成立と変容』(北大出版会)など。
Go to the profile of 饗庭 伸
饗庭 伸
あいば・しん/首都大学東京都市環境学部教授/1971 年兵庫県生まれ。専門は都市計画・まちづくり。人口減少時代における都市計画やまちづくりの合意形成のあり方について研究。主な著書に『都市をたたむ』(花伝社)、『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』(共著、学芸出版社)、『東京の制度地層』(編著、公人社)など。
Go to the profile of 能作文徳
能作文徳
のうさくふみのり/1982年生まれ。建築家。東京工業大学大学院博士課程修了。博士(工学)。現在、東京電機大学准教授。東京建築士会住宅建築賞、SDレビュー2013鹿島賞、第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示特別表彰、ISAIA2018 Excellent Research Awardを受賞。
Go to the profile of 浅子佳英
浅子佳英
あさこ・よしひで/東北大学非常勤講師/1972年神戸市生まれ。2010 年東浩紀と共に合同会社コンテクチュアズ(現ゲンロン)設立、思想地図 βvol.1、vol.2 出版後退社。商業空間を通した都市のリサーチ、批評、設計活動を行う。著書に『TOKYO インテリアツアー』(安藤僚子との共著)。
Go to the profile of 小澤雄樹
小澤雄樹
おざわ・ゆうき/芝浦工業大学建築学部建築学科准教授。1974年生まれ。1998年京都大学卒業。2000年東京大学大学院修了。博士(工学)。TIS&Partners、立命館大学講師、エス・キューブ・アソシエイツ(現在はパートナー)を経て、現職。著書に『20世紀を築いた構造家たち』。2017年日本建築学会著作賞受賞。
Go to the profile of 花里利一
花里利一
はなざと・としかず/三重大学大学院工学研究科建築学専攻教授/地震工学・保存修復工学/共著『2016年熊本地震調査報告』、『限界耐力計算による伝統的木造建築物構造計算指針・同解説』、『ハギア・ソフィア大聖堂学術調査報告書』、『入門・建物と地盤の動的相互作用』
Go to the profile of 小西泰孝
小西泰孝
1970年千葉県生まれ。1995年東北工業大学工学部建築学科卒業後、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻において空間構造の研究に従事。1997年大学院修了後、佐々木睦朗構造計画研究所にて設計実務を経て、2002年小西泰孝建築構造設計設立。2017年より武蔵野美術大学造形学部建築学科教授。第3回日本構造デザイン賞など受賞
Go to the profile of 渡辺菊眞
渡辺菊眞
1971年奈良県生まれ。京都大学院工学研究科生活空間学専攻博士課程単位認定退学。渡辺豊和建築工房を経て、D環境造形システム研究所設立。代表。高知工科大学システム工学群准教授。AZ Award, FAITH &FORM international award, architectural review などを受賞。
Go to the profile of 砂川晴彦
砂川晴彦
すながわ・はるひこ/1991年埼玉県生まれ。建築史。博士(工学)。文化財工学研究所(歴史的建造物修復設計)専任研究員。主な著書に博士論文『植民地期台湾・朝鮮の公設市場の建設過程と空間変容に関する研究』(東京理科大学2019年)
Go to the profile of 川島範久
川島範久
かわしま・のりひさ/建築家/博士(工学),一級建築士/1982年生。2005年東京大学卒業。2007年同大学院修士課程修了後、日建設計勤務。2012年UCバークレー客員研究員。2016年東京大学大学院博士課程修了。2017年より川島範久建築設計事務所主宰。2014年より東京工業大学助教、2020年より明治大学専任講師。
Go to the profile of 青島 啓太
青島 啓太
あおしま・けいた/建築設計・計画。芝浦工業大学特任講師。代表作:『つくばCLT実験棟』、『いわきCLT復興公営住宅』ほか。
Go to the profile of 後藤 豊
後藤 豊
ごとう・ゆたか/木質材料・構造。建築物理。サステナビリティ。チャルマーズ工科大学(スウェーデン)研究員。サステナブルな建築への木材の活用を材料・構造の効率や耐久性等から多面的に解析している。
Go to the profile of 松本 直之
松本 直之
まつもと・なおゆき/1986年兵庫県生まれ。木質構造・構法、近代木造構法史。博士(工学)。近世から近代への構法・構造の変遷史をテーマとして、調査研究、実験解析に従事。東京大学生産技術研究所 助教。2018年第4回住総研博士論文賞受賞。
Go to the profile of 角倉 英明
角倉 英明
すみくらひであき/広島大学大学院准教授。建築生産・建築構法。1977年東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了後、国土技術政策総合研究所、建築研究所を経て、2016年より現職。博士(工学)。著書に『図表でわかる建築生産レファレンス』など。
Go to the profile of 岡村健太郎
岡村健太郎
おかむら・けんたろう/ 1981年生まれ。近畿大学建築学部建築学科講師。建築史、都市史、災害史。博士(工学)。著書=『「三陸津波」と集落再編──ポスト近代復興に向けて』(鹿島出版会、2017)。日本建築学会2016年奨励賞受賞、前田記念工学振興財団2017年山田一宇賞受賞
Go to the profile of 宮部浩幸
宮部浩幸
みやべ・ひろゆき/1972年千葉県生まれ。建築家。博士(工学)。SPEAC/近畿大学准教授。作品に「リージア代田テラス」、「龍宮城アパートメント」など、著作に「リノベーションの教科書ー企画・デザイン・プロジェクトー」(共著/学芸出版社)、「世界の地方創生」(共著/学芸出版社)など
Go to the profile of 大室佑介
大室佑介
おおむろ・ゆうすけ/1981年生まれ。建築家。atelier Íchiku主宰。作品=《川崎長太郎の物置小屋 再建計画》(2008-)《私立大室美術館》(2015-)《HAUS-000 百年の小屋(2010)《HAUS-004 桜台:建売住宅》(2015)《HAUS-006 白山町:珈琲店》(2018)
Go to the profile of 天内大樹
天内大樹
あまない・だいき/美学芸術学、建築思想史、静岡文化芸術大学デザイン学部准教授。1980年生まれ、2008年東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程退学、博士(文学)。共著に『ディスポジション:配置としての世界』など。翻訳に『言葉と建築──語彙体系としてのモダニズム』、『帝国日本の生活文化』など。
Go to the profile of 岡北一孝
岡北一孝
おかきた いっこう/京都美術工芸大学工芸学部建築学科助教。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了、博士(学術)。イタリア建築史・都市史とヨーロッパの建築の保存・修復の歴史を研究テーマにしている。共著書に『ブラマンテ盛期ルネサンス建築の構築者』(NTT出版、2014年)など
Go to the profile of 秋吉浩気
秋吉浩気
あきよし・こうき/アーキテクト・メタアーキテクト。VUILD株式会社CEO。1988年大阪府生まれ。建築設計・デザインエンジニアリング・ソーシャルデザインなど、モノからコトまで幅広いデザイン領域をカバーする
Go to the profile of 谷繁玲央
谷繁玲央
たにしげ・れお/1994年愛知県出身。2018年東京大学工学部建築学科卒業。同大学院権藤智之研究室所属。建築輪読会主宰。メニカン共同主宰。専門は建築構法、建築理論。現在、工業化住宅・商品化住宅の構法史研究をしている
Go to the profile of ニコル・ガードナー&ハンス・ホイスラー
ニコル・ガードナー&ハンス・ホイスラー
(写真右)ニコル・ガードナーNicole Gardner/ニューサウスウェールズ大学構築環境学部講師。建築家。専門はデジタル・デザイン。(写真左)ハンク・ホイスラー Hank Haeusler/ニューサウスウェールズ大学構築環境学部准教授。同学部コンピュテーショナル・デザイン学士コース長。中央美術学院(北京)教授
Go to the profile of 腰原幹雄
腰原幹雄
1968年千葉県生まれ。1994年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。構造設計集団<SDG>を経て、2012年東京大学生産技術研究所・教授、NPO team Timberize 理事長。著書に『日本木造遺産』、『都市木造のヴィジョンと技術』、『感覚と電卓でつくる現代木造住宅ガイド』など。
Go to the profile of 御厨貴
御厨貴
みくりや・たかし/1951年東京都生まれ。政治学者、政治史学者。東京大学・東京都立大学名誉教授。東京大学先端科学技術研究センター客員教授、放送大学客員教授、サントリーホールディングス株式会社取締役。主な著書に『東京 首都は国家を越えるか』『明治国家をつくる』『権力の館を歩く』など。
Go to the profile of 丸山真央
丸山真央
まるやま・まさお/1976年神奈川県生まれ。滋賀県立大学人間文化学部教授。政治社会学、都市研究。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(社会学)。近著に『さまよえる大都市・大阪――「都心回帰」とコミュニティ』(東信堂、共編著)。
Go to the profile of 港千尋
港千尋
みなと・ちひろ/写真家 著述家 多摩美術大学情報デザイン学科教授。群衆・記憶・洞窟などをテーマに制作と研究をつづける。写真集に『文字の母たち』『レヴィ=ストロースの庭』、近著に『風景論』『インフラグラム』など。
Go to the profile of 稲垣拓
稲垣拓
いながき・たく/1987年千葉県生まれ。2010年東京大学 工学部建築学科卒業 。2011年リスボン工科大学 留学。2013年東京大学大学院修了。2013年~2017年株式会社山下設計勤務/2017年itaru/taku/COL.設立。
Go to the profile of 塚本由晴
塚本由晴
つかもと・よしはる/1965年生まれ。建築家、東京工業大学大学院教授。貝島桃代とアトリエ・ワン主宰。著書に『空間の響き/響きの空間』(INAX出版、2009)『Behaviorology』(Rizzoli、2010)『図解アトリエ・ワン2』(TOTO出版、2014)『コモナリティーズ』(LIXIL出版、2014)他。
Go to the profile of 奥泉理佐子
奥泉理佐子
1994 年生まれ。専門は、建築設計・制作。合同会社sunayama studioアシスタント、AS+ROとして添田朱音と共に作家活動を行う。主な作品に「dégager’」(2017)、「attempt vol.5」( AS+RO, 2019)、大岩雄典個展「slowactor」(2019) 会場構成。
Go to the profile of 園田聡
園田聡
そのだ・さとし/1984年埼玉県所沢市生まれ。(有)ハートビートプラン、日本都市計画家協会理事他。2009年工学院大学大学院修士課程修了。商業系企画会社勤務を経て、2015年同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門は都市デザイン、プレイスメイキング。著書に『プレイスメイキング~アクティビティ・ファーストの都市デザイン」
Go to the profile of 大西正紀
大西正紀
おおにし・まさき/1977年生まれ。2003年日本大学大学院修士課程前期修了。ロンドンの設計事務所勤務を経て、2004年クリエイティブユニットmosaki設立。2016年ハード・ソフト・コミュニケーションを一体でデザインする「1階づくり」を軸に、建築・まちをアクティブにする株式会社グランドレベル創業に参画。
Go to the profile of 遠藤新
遠藤新
えんどう・あらた/1973年愛知県生まれ。専門は都市デザイン。工学院大学建築学部まちづくり学科教授。主な著書に『アーバンデザイン講座』(共著)『アーバンデザインセンター』(共著)『米国の中心市街地再生』(単著)ほか。
Go to the profile of 後藤武
後藤武
ごとう・たけし/1965年神奈川県生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得退学。株式会社隈研吾建築都市設計事務所、慶応義塾大学環境情報学部専任講師などを経て、2007年後藤武建築設計事務所設立。神奈川建築コンクール優秀賞ほか受賞。博士(工学)(東京大学)
Go to the profile of 髙垣知佳
髙垣知佳
たかがきちか/西日本旅客鉄道株式会社創造本部 不動産統括部えき・まち創造グループまち創造・協議 課長
Go to the profile of 山根俊輔
山根俊輔
やまねしゅんすけ/1985年広島生まれ。2009年広島大学大学院工学研究科卒業。2009〜2018年乾久美子建築設計事務所。2019年より山根製作所主宰。
Go to the profile of 稲益祐太
稲益祐太
いなますゆうた/東京都出身。久留米工業大学建築・設備工学科特任講師。専門はイタリア建築史・都市史。法政大学工学部建築学科卒業、イタリア・バーリ工科大学に留学。博士(工学)。
Go to the profile of 佐野浩祥
佐野浩祥
さの・ひろよし/1977年東京都生まれ。東洋大学国際観光学部教授。2006年東京工業大学大学院情報理工学研究科情報環境学専攻博士課程修了、博士(工学)。専門は、国土・地域計画、都市計画史、観光まちづくり。
Go to the profile of 前田昌弘
前田昌弘
まえだまさひろ/1980年奈良県生まれ。京都府立大学生命環境科学研究科・准教授。建築計画、住まい・まちづくり、防災・減災学。博士(工学)。著書に『津波被災と再定住―コミュニティのレジリエンスを支える』(単著,京都大学学術出版会,2016年)、『建築フィールドワークの系譜』(共著,昭和堂,2018年)など。
Go to the profile of アーバン・サイエンス・ラボ
アーバン・サイエンス・ラボ
横浜市の設計事務所「オンデザイン」の、都市を「科学する」リサーチ部門。「科学」は「さぐる・分かる」こと。スタジアムのほか、小屋、高校生、植物などをテーマに、都市との関係を意味付け、体系化、見える化し、オウンドメディアにて連載しています。
Go to the profile of 立石遼太郎
立石遼太郎
1987年大阪生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。Akademie der bildenden Künste Wien留学。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。現在、松島潤平建築設計事務所勤務。
Go to the profile of 阿部大輔
阿部大輔
龍谷大学政策学部教授。1975年ホノルル生まれ。龍谷大学政策学部教授。バルセロナ自治大学客員研究員。博士(工学)。専門は都市計画、都市デザイン。近著に『アーバンデザイン講座』(共著、彰国社、2018年)、『小さな空間から都市をプランニングする』(共編著、学芸出版社、2019年)など。
Go to the profile of 西島光輔
西島光輔
にしじまこうすけ/1983年 東京生まれ。2011年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。中山英之建築設計事務所、Vo Trong Nghia Architects勤務を経て、2016年よりInrestudio主催。
Go to the profile of Takuma Tsuji
Takuma Tsuji
403architecture [dajiba] / 辻琢磨建築企画事務所
Go to the profile of 伊藤孝仁
伊藤孝仁
1987年東京都生まれ。2010年東京理科大学工学部建築学科卒業。2012年横浜国立大学大学院Y-GSA修了。乾久美子建築設計事務所を経て2014年tomito architecture共同設立。主な作品に《CASACO》(2016)、《真鶴出版2号店》(2018)など。
Go to the profile of 岩城考信
岩城考信
いわきやすのぶ/1977年 大阪府生まれ。専門はアジア都市建築史。法政大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。現在、呉工業高等専門学校准教授。主な著書に『バンコクの高床式住宅―住宅に刻まれた歴史と環境』(風響社)がある。
Go to the profile of 渡邉朋也(わたなべ・ともや)
渡邉朋也(わたなべ・ともや)
1984年、東京生まれ。2007年にリニューアルした伊東豊雄建築設計事務所による多摩美術大学図書館に勤務後、2010年からは山口情報芸術センター[YCAM]にて、主催事業全般のドキュメンテーションのほか、同センターで制作された作品の再制作に従事。好きなプロ野球選手は落合博満。
Go to the profile of 佃悠
佃悠
つくだ・はるか/1981年福岡県生まれ。東北大学工学研究科都市・建築学専攻准教授。東京大学工学部建築学科卒業。同大大学院修士課程・博士課程修了。博士(工学)。建築計画。2019年日本建築学会奨励賞受賞
Go to the profile of 菱田哲也
菱田哲也
ひしだ・てつや / TETSUYA HISHIDA /AECテクニカルスペシャリストマネージャ。AECソリューション日本開発責任者。LEED AP BD+C, 一級建築士
Go to the profile of 松井一哲
松井一哲
まつい・かずあき / Kazuaki Matsui / 北海道札幌市生まれ。日建設計設計部を経て、WeWork Japan シニアリードアーキテクト。東京大学大学院卒。一級建築士
Go to the profile of 大江晴天
大江晴天
おおえ・はるたか/Harutaka Oe/環境設備エンジニア。東京理科大学大学院工学研究科機械工学専攻修了。JAXAでの共同研究、Arup香港オフィスを経て、現在Arup東京オフィス勤務。
Go to the profile of 安藤邦廣
安藤邦廣
建築家。筑波大学名誉教授。里山建築研究所主宰。1948年宮城県生まれ。日本の木造伝統構法の研究。特に茅葺き民家や小屋と倉に関する研究。板倉構法の技術開発とデザイン。板倉構法による東日本大震災の応急仮設住宅と復興住宅の設計。著書「日本茅葺き紀行」「小屋と倉」「民家造」「住まいの伝統技術」他
Go to the profile of 蟹澤宏剛
蟹澤宏剛
建築生産・建築構法(主に木造建築)。芝浦工業大学建築学部教授。1995年千葉大学大学院博士課程修了。博士(工学)。国土交通省 専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会 座長、建設産業人材確保・育成推進協議会 顧問、厚労省 墜落・転落防止対策の充実強化に関する実務者会合 座長などを歴任。
Go to the profile of 山本信幸
山本信幸
やまもと のぶゆき/宮大工棟梁、社寺建代表、文化財建造物木工主任技術者。1958年福井生まれ。薬師寺金堂・西塔、首里城正殿、新発田城 三階櫓並びに辰巳櫓、福井城山里口御門の復元、浄興寺本堂、大塩八幡宮拝殿等の保存修理、第五期歌舞伎座等を手掛ける。
Go to the profile of 江本弘
江本弘
えもと・ひろし/1984年東京都生まれ。東京大学工学部卒業。同大学院工学系研究科修了。博士(工学)。一級建築士。千葉大学大学院工学研究院、日本学術振興会特別研究員。近代建築史。著書に『歴史の建設──アメリカ近代建築論壇とラスキン受容』。受賞に第8回東京大学南原繁記念出版賞ほか
Go to the profile of 鷹野敦
鷹野敦
1979年生まれ。アアルト大学木質材料学科修了。理学博士。鹿児島大学大学院修了。修士(工学)。建築設計。木質材料。環境評価。受賞歴に2020年日本建築学会教育賞(教育貢献)、第14回木の建築賞(活動賞)、ウッドデザイン賞2019優秀賞(林野庁長官賞)など
Go to the profile of 木村俊明
木村俊明
1983年生まれ。名古屋大学大学院修了、佐々木睦朗構造計画研究所、京都大学を経て現職。博士(工学)/シェル空間構造、最適化、構造デザイン/2014年日本建築学会奨励賞、2015年前田工学賞受賞